8、身分非公開状態での反逆行為と知られざる実力
FC2ブログ

8、身分非公開状態での反逆行為と知られざる実力

ここでは、「8、身分非公開状態での反逆行為と知られざる実力」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の、リリカル局員'sは!

ついに時空管理局の陰謀を知ってしまった局員's。
自分の事は棚に上げてとりあえず上層部の腐った体制を罵った上で多分に私怨(ゲームとかゲームとか)が含まれた報復を誓うのだった!


お巡りさん「んーだからね君達さぁ、身分証も無いのにはいそうですかって納得するわけにもいかないでしょこっちも」

局員「いやですからね?この制服見ればわかるじゃないですか、ね?」
局 「えーとうーんえへへどうすればわかってもらえるかなぁ」
局 「おまわりさんこの目を!この目を見て!18歳を迎えて色々解禁になった少年のようなキラキラした瞳を!」

誓うのだった!


■時空管理局局員の華麗なる日々

8、身分非公開状態での反逆行為と知られざる実力


~時空管理局本局艦船ドッグ 定期便ステーション~


局 「ふぅーなんとか納得してもらったぜ」
局 「実家に電話して証明してもらう羽目になるとは・・・!」
局 「これもそれも全部社会が!腐りきった上層部が悪いンDA!」

局 「でさぁ、正体がばれないように衣装変えるのはわかったけど流石にそのコンバットスーツは無いんじゃないか?」
局 「アースラ解放戦線にピッタリだろ!お前こそその八ツ墓村みたいな格好はなんだよ、牛の刻参りにでも行ってろ!」
局 「落ち着けよお前ら。こんな言葉を知ってるか?似たもの同士が優劣を競う、これをオタクの知識比べと言う。TVチャンピォンいてぇー」
局 「「お前の学ランはなんなんだよ!」」

局 「超能力に目覚めそうでいいじゃん!」
局 「つーかそんなもんどっから?」
局 「さっきゲーセンで少局と賭け対戦やった時に金が無いからって現物で払われた」
局 「あ、俺もこれそう」
局 「実は俺のもだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

局 「あいつなんでこんなもん持ってたんだ?」
局 「闇書石ちゃんに着せようとするボケのために持ってたに一票」
局 「あ、すごくそれっぽい!」
局 「だとすればあえて男物の服ばかりだったところは評価せねばなるまい!だぼだぼの男服を着る闇書石ちゃん・・・これは正義だな!」
局 「あぁとてもジャスティスだ!」

局 「よーし関係無い要素で士気が上がったところで行くか!アースラ開放戦線異常無し!」
局 「で?実際どうするんだ?」
局 「お前は実にバカだな、前回の下から4行目を読み返せ!」
局 「策無し!彼女無し!お金無し!だが俺達には今、そして未来がある!」
局 「おぉ!中身が無いけどカッコイイっぽいなそれ!」
局 「野郎ども!ダンボールの準備はいいか!?」
局 「「もちろんだスネーク!」」


~アースラ艦内 中央通路~

通路の端をカサコソと移動するダンボールが3つ。

カサコソカサコソカサコソ

局 「(ヒソヒソ)潜入したはいいけどいい加減具体案を考えないと動くに動けないぜ」
局 「(ヒソヒソ)とりあえずエイミィさんに接触して艦長を開放する方法を考えた方がよくね?」
局 「(ヒソヒソ)いきなり人頼みとは流石だな俺ら」
局 「(ヒソヒソ)シッ!止まれ!誰か来た!」

黒服「ん?なんだこのダンボールは・・・一条祭り?何だ?」

局 「(ヒソヒソ)バカ!誰だよこのダンボール選んだの!スルーどころか興味持たれてるじゃねーか!」
局 「(ヒソヒソ)いやこの前宇宙を漂ってるの回収してさ、デブリにはできないしなんか面白そうなんで捨てるに捨てられなくて・・・」

ビーッビーッビーッビーッ

システム「緊急警報、緊急警報、無許可デノシャトルノ稼働ヲ確認、警備要員ハ至急格納庫ヘ、繰リ返ス・・・」

黒 「!?、なんだ!?」
黒 「クロノ・ハラオウンとエイミィ・リミエッタが脱走した!とにかく急ぐぞ!」

ダダダダダダダダダダダ・・・・・・・・・・

局 「な、なんか知らんが助かったな」
局 「でも今の警報って・・・」
局 「執務官たちが動き出したみたいだな。よし、俺らも現場に行こう」


~アースラ艦内 格納庫~

エイミィ「クロノ君!格納庫のハッチがロックされちゃったよ!」
クロノ 「くそっ!タイミングが悪かった!まさか自動メンテナンスの時間が変えられているなんて・・・そのおかげで速攻で警報か」

黒 「クロノ・ハラオウン及びエイミィ・リミエッタに告ぐ!大人しく降伏しろ!」
黒 「フン、逃げおおせると思っていたのか。執務官といえど所詮はガキだな」
黒 「いや、むしろ向こうから早まってくれて助かるじゃないか。これで晴れて執務官殿も指名手配犯の仲間入りだククク・・・」

? 「そうはいかんな!何故ならこの事実が上層部に伝わることは無いからだ!」
? 「正義を語る醜き権力の犬!貴様らはここで滅び去る!」
? 「お前らに本当の地獄を見せてやるぜ!」

バチンッ

黒 「照明が落ちた!?」

局 「食らえ!スターライト・・・・」

黒 「!?」

局 「・・・スコープ!!見える!俺には貴様らの姿がハッキリ見えているぜ!」
局 「わかってくれる関係者がいないのが悔しいくらいの見事なスカし!ブレイカーを落とした後だからこそ言える鮮度が命のボケです!S・L・B!」
局 「さぁここからは狩りの時間だ!もちろん狩られるのは・・・貴様らだ!」

ピカッ

局 「おうわはああああああああ!光!まぶしっ!目!瞑れる!」
局 「バカさっさとスコープ外せ!」

カシュン

ダダダダダダダダダダダダ

局 「ゲッ!スミスが増殖した!」
局 「普通に増援が来たって言えよ」

黒 「馬鹿が、非常電源を知らんのか」
黒 「テロリスト風情がふざけた真似をしてくれる・・・」
黒 「何者か知らないがまともな裁判は諦める事だな、特務捜査官権限で貴様ら全員この場で処分する!」

ク 「っ!バカ!あいつら・・・!」
エ 「早く逃げて!」

局 「執務官!エイミィさん!ここはなし崩しに俺達に任せて行ってください!」
ク 「できるか!この状況でお前達になにができる!」
エ 「魔法も使えない君達が敵う相手じゃないよ!」
局 「ちょ、魔法が使えないとか設定を断定しないでください!」
エ 「え?・・・・使えるの?」
局 「使えなきゃ管理局で働けるわけないじゃないですか・・・まぁ低能なのは認めますがっ!」
局 「やる時はやる!やらない時が大半!それが俺達!行くぜ!俺デバイス起動!」

キィーン

デバイス「ウィンダウズへようこそ!」

エ 「なにあの市販っぽい管制音声・・・」
ク 「あれは・・・ストレージデバイスMSか」



説明しよう!ストレージデバイスMSとは局員ズ「」がトイレで思いついた脳内俺デバイスである!
MSとはMasic storageの略でもちろんモビルスーツではない!名前の通りの単純な魔法記憶装置。
だがその余計な機能の無いプレーンな性能からカスタムパーツとの互換性が良く安価なためにマニアに好まれるデバイスである!
時空管理局に入局した武装局員へ最初に支給されるデバイスでもありOSは管理局正式採用の「ウィンダウズxp」。
局員は英語だとわかりにくいので思いっきり管制音声を日本語設定にしている!
トイレでこれだけ考えた!



黒 「フン、何かと思えば市販品の安物デバイスか」
黒 「そんな物で我々の今年度採用型捜査官専用新式デバイスと対等に戦えるとでも?」

局 「出来合いの最新アイテムが全てじゃない事を教えてやるぜ!」
局 「マニアのカスタマイズの恐ろしさを見せてやられべばっ!」
局 「大事なところで噛むな!行くぜMS-06!広域魔法ダークネスイリュージョン!」
MS-06「ココロノヤミー」

ブォオオオオオン

黒 「な、なんだ!?突然暗闇にっ!」


また説明しよう!
ダークネスイリュージョンとは術者が抱えるトラウマによる心の闇を具現化し周辺を闇で閉ざす局員αの得意とする空間魔法である!
だが所詮局員の魔力なので範囲はせいぜい半径100メートル四方で精一杯、広域魔法とか言ってるのはハッタリである!
しかし『放送室でふざけてたらマイクのスイッチが入って全校に好きな女子がバレた』『自販機でエロ本買おうとしたらクラスの女子に見つかった』
等のSクラスのトラウマを抱える局員が放つ闇は絶大で目が慣れる等という事はありえない完全なる闇を呼び起こす!
トラウマを克服していない者が使えば自らも闇に飲まれる諸刃の剣だが二次元という拠り所を持った局員にそんな心配は無用である!


黒 「クソッ!何も見えない!光系魔法も発動しないとは・・・!」
局 「無駄だ!俺の光無き青春のメモリーの前にそんな魔法など無力!あぁ今なら声を大にして言ってやるよ!こっそり女子トイレでウンコしたことあります!」

局 「今だ!行ってください二人共!ハッチのロックは解除しました!見えなくても通常の発進シークエンスで行けます!」 
エ 「っ、でも!」
局 「あなた達表舞台に立つ人!俺達裏方の人!キャストはしっかり与えられた仕事してください!」
ク 「!・・・・・行こうエイミィ!」
エ 「うん・・・皆気をつけてね!」
ク 「死ぬんじゃないぞ!隊葬代もバカにならないからな!」
局 「押忍!皆さんが帰ってくる頃にはこの間のユーノ君(中略)写真を現像して待ってます!」


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・


黒 「!?、シャトルの発射音か!」
黒 「クソッ!貴様ら!なんのつもりだ!ただで済むと思っているのか!?」

局 「タダ?そんなつもりは毛頭無い!」
局 「貴様らには積もりに積もったツケを払ってもらわねばならん!」
局 「局員+怒り+ヤケクソ!この公式の答えは俺達にもわからない!」
局 「フェイトちゃん監禁、不当解雇、お宝廃棄・・・お前らの犯した罪は何回生まれ変わっても足りないぜ!?」
局 「あーもー自分でも何言ってるかわからないくらい怒りのボルテージMAX!続く!」


LYRICAL KYOKUIN's
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続く

ついに収拾のつかないことを始めてしまった!どうする俺!?

つ3枚のカード

1.寝る
2.転がる
3.蟲師→エウレカセブン→ボウケンジャー→カブト→ゾイドジェネシスまでリアルタイム

よし3だ!

昨日の少局さんのスクにバカ軍団の名前があったんで俺も出しちゃった。プチクロスオーバー!
あと今日の本編の展開を見て無理矢理修正しました。80%くらい。別物じゃん。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/9-52d57bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。