last file「人間」

last file「人間」

ここでは、「last file「人間」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理局X-FILE seasonⅡ

last file「人間」





ユーノ「撃って!なのはーーーーー!」
なのは「行くよ!全力全開!!!!!」
RH<0、Starlight Breaker>
そして女王は星の光に包まれた―――――――――

私「終わりだ―――――!」
部長「ヤメロオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」



管理局X-FILE seasonⅡ last file「人間」





ドゥッゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
女王蟲「ギ、ギイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!」
傷口から光を叩き込まれた巨躯はしかしそれでも内部より崩壊する体で歩を進め――――
フェイト「そんな!あれを受けてまだ動いてる!?」
はやて「もう一踏ん張りやなのはちゃん!」
なのは「まだ……!もっと強く!レイジングハート!」
ユーノ「絶対に逃がさない…………!」

ボコッボコボコボコドバッ
女王蟲「ギシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア―――――――…………」
ドブシャアッドオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!
体から幾条もの光を発した瞬間、巨大な蟲の根源は爆散した――――――

私「やったか……!」
部長「私の…………研究所が…………蟲達が……………!!!」







オオオオオオオン……バシャアアアアッ!
エイミィ「いやー!またドロドロがー!」
ザフィーラ「ハッ!」
ヴォン バシャバシャバシャ
局員「ヒイイイ緑で目に優しいプラネタリウム!?えーあちらが第二関節座でウフフフ」
はやて「あかん完全に壊れとる」
フェイト「なのは、その、目とか瞑った方が……なのは?」
なのは「……………………………………」
局員「た、立って構えたまま……!なのは殿立ち往生にござる!お逃げ下され牛若様!」
RH<splendid. my master(ご立派ですマスター)>
局員「あー君達少しは落ち着(ズバッズド)今ズバって!ズドって!かすった!かすったあああ!」
クロノ「お前が落ち着け残骸だ!だが結界を切り裂く羽か…!早く犯人を拿捕して脱出を――」
■「……?……!(キョロキョロ」
リンディ「どうしたの?……!」
ユーノ「あの支部長と……隊長さんがいない!」





ブオオオオン
部長「おのれ……全員生かして帰さん!私の崇高な目的を阻害した酬いを受けてもらう!」
ビシッガシャアアアン! ドオオオオン!
部長「クソッ崩落が進んでいる……火災も起きている以上そう長くは――」
デバイス<Burst Blast>
部長「!!!!!」
ドオオオオオオオオオオオオオオン!
部長「ック!一体どこから…」
デバイス<Burning Phalanx>
ドドドドドドドドドドドドドド
部長「ク、グ……捌き切れな……!」
ガキキキキキキキドジュッ
部長「ウグアアアア!ッグ!どこだ!どこにい―――!」
ジャキッ
私「背後には卓越した反射神経も働かないようだな、人の体に蟲の神経も完全ではない…か」






アナウンス<火災発生、火災発生、緊急回線による救援要請――エラー、第一処置システム起動>
私「施設倒壊の危機に我先に脱出か……責任者失格じゃないか?」
部長「貴様…………!」
アナウンス<スプリンクラーによる消化開始。続いて爆発危険区域の隔壁を閉じます、速やかに…>
カシュッザアアアアアアアアアアアアアアアアア―――
私「火や蟲の血は流れてもお前の罪は水には流れない、大人しく法の裁きを受けるんだな」
部長「法か……貴様らの定義した自分達に都合の良い法など反吐が出るな……!」
私「お前の理屈は聞き飽きた、私も正義を名乗るつもりは無いと言っただろう」
部長「黙れ!私は貴様らの身勝手な思想で滅ぼされた種族の怒りを代弁せねばならんのだ!」
私「確かに我々は生活圏を拡大する上で多くの生物を淘汰してきた、だがそれも生態系だ」
部長「詭弁を……!」
私「多くの犠牲の上に生きている事を自覚している者は少ない、だがそれでも―――」
ドォォォン ゴゴン ゴォォォォォ
私「異種族も同族も数え切れない犠牲を見てきた私は彼らに感謝して生きている!」






部長「クククその年で立派じゃないか、それでも私の崇高な目的の否定材料には乏しいがな」
私「崇高な目的?違うな、お前は大義名分を作って探求心とやらを満たしたいだけだ」
部長「なんだと……?」
私「彼らが我々人間という種と生存する上で対立し結果絶滅したのも自然の摂理だ」
部長「…………」
私「寄生蟲を復活させる?誰が望んだ?彼らは自然の中で生き、そして滅んだんだ」
部長「黙れ……」
私「私に彼らの声は聞こえないがきっとこう言うだろうな、『余計なお世話だ』と」
部長「黙れと言っている……!」
私「お前の方こそ自分の身勝手な思想で彼らの誇りを汚しただけだ」
部長「ダマレ!」
私「結局お前は、人の姿を捨てながら人の業を捨て切れないただの化け物だ―――!」
部長「ダマレエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!」
デバイス<Convergence Cutter>
ドバシュッ―――……ザアアアアアアアアアアアアアアアアア―――





ブシュッ
部長「グガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」
ドサッ
私「切り刻んでやりたい所だが私は管理局捜査官だ、お前を逮捕する義務がある」
部長「グウッ、グガッ!ハァッハァッ……!貴様アアアアアアア!」
私「もう無駄な抵抗はやめ――」
部長「カハァッ!」
ドシュッ
私「っぐ……!」
デバイス<Struggle Bind>
ガシィッ
部長「ウグッ!」
私「もう動けんぞ……!ここもじきに崩れる、脱出の間は眠ってもらおうか」
部長「ふざけるな……私は……ここは私の研究所だ!貴様ら如きに……!」





ダンッ
私「まだ動けるのか!?」
部長「ここは私の研究所だ!貴様らに破壊されるなどあってたまるか!私の物だ!」
私「よせ!何を考えている!」
部長「音声認識!パスワード56g875a-1j8a!マストオーダーだ!」
アナウンス<パスワード認証、マストオーダー『施設放棄における機密保持』、了解>
私「まさか……!」
部長「貴様らになど壊させん……!ここでの全ての決定権は私にある!」
アナウンス<これより自爆プロセスに入ります、残っている人員は速やかに退避して下さい>
ビーッビーッビーッビー
部長「支部長権限で特令を発令する!全員の避難を確認!速やかに実行せよ!」
アナウンス<声紋認証、支部長による最高権限により通常プロセスを放棄、最終段階へ移行>
ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!ガラガラガラ……
私「自爆が始まった――!」
部長「ハハハハハハハハ!もう止まらんぞ!全て消えうせろおおおおお!」





ユーノ「急いでください!崩落が激しくなってる……!」
局員「ユーノ君待ってー!置いてかないでー!なんで飛べる人じゃなくて俺らなの!?」
局員「もしかしてこれは業務上過失致死の誘発という名のリストラか!?」
ユーノ「本当は僕一人で行くつもりだったんですけど……この子が飛び出しちゃうから」
局員「だって指名されちゃったんだもんしょーがないじゃないですかー!」
■「……!……!(グイグイ」
ユーノ「まぁ魔力の探索や位置特定はこの子の方が僕達よりも数倍速いのは確かですけど…」
アナウンス<これより自爆プロセスに入ります、残っている人員は速やかに退避して下さい>
局員「ちょっと奥さん聞きました今のー!?」
局員「あらやだ自爆ですって!韓流ドラマ録画しまくってる場合じゃないわよ!」
局員「さっさと隊長さん見つけてトンズラ―――」
アナウンス<声紋認証、支部長による最高権限により通常プロセスを放棄、最終段階へ移行>
ユ・局「「「「え?」」」」
■「……?……?」
ドオオオォォォォォォン!





私「エネルギー炉に誘爆する前に脱出を―――!」
ビキッバキバキバキバキガラガラガラ
部長「ッ!?」
私「まずい床が!」
ガシッ
部長「ククククク私を助けるか?お優しい事だなぁ!」
私「言ったはずだ、私にはお前を逮捕する義務がある!」
部長「だが手を離した方が賢明だぞ?……今飛べないんだろう?」
私「っ!やはりお前の仕業か……!」
部長「かく言う私もバインドが解けても羽が傷んでね、もう飛べないなこれはククク……」
私「黙っていろ!今引き上げる……!」
部長「君も飛べないのでは逃げ切れるかは危ないものだがね、せっかくだが残念だよ……」
私「せっかく?何を……。っ!よせ!」
部長「(ブンッ)ッハハハハハハハハ!君にもすぐにわかるよ!私の―――――」
全てを言い終える事無く、この地獄を作り出した男は眼下に広がる闇に消えていった―――





局員「ここは……天国?地獄?天国なら天使がいるはずだ!オーイオーイ!」
局員「だめぇ!爆発だめなのぉ!爆死は嫌!優しく殺して!キリングミーソフトリー!」
局員「あぁ……すまない、特典欲しさに買っておいて積んだままのお前達を残して俺は……」
■「……(ビシバシッ」
局員「シゲキックス!あれ?エンジェルがいる!やっぱりここは天国!?」
ユーノ「目を覚ましてってば!大丈夫ですから!」
局員「ハッ!男子とも女子ともつかない子がいる…天使!?やっぱりここは天(ドバキッ」
局員「流石ユーノ君!結界は夢の防災シェルター!?100人の力士が乗っても大丈夫!?」
局員「ヘヘ……積みゲーを残してちゃ閻魔様に怒られるな!」
ユーノ「いつまた爆発が起きるかわかりません!急ぎましょう!」
局員「了解!1UPキノコが崖に落ちそうな時の気分的に速いBダッシュ!」
局員「大体声紋認証して自爆って何だよ!喋ってる人がいるって事じゃん!」
局員「これだからお役所仕事のコンピューターって嫌よね!」
■「……!(クイッ」
ユーノ「うん、隊長さんもすぐ近くにいるみたい……まだ無事だ!」





ガラガラガラ
ユーノ「あっ!隊長さん!」
局員「こちらヘリオスセブンエイト!要救助者発見!」
■「……!(ダッ」
私「!?、脱出したんじゃ……!」
局員「大丈夫です我々以外はさっさと脱出しましたコンチクショー!」
局員「誰とは言わないけどお願いね♪とかさらっと言われて居残り組みデス!」
ユーノ「転移で脱出するために僕が、あとは―――」
■「……(ギュッ」
局員「志願兵が一名です」
隊長「そうか……正直助かった、ありが……!?」
ドクン
ユーノ「隊長さん?大丈夫ですか?どこか痛みますか?」
■「?…………!!」
あぁ……奴が言いかけたのはこういう事か……私の強運もここまで、か……





私「……あぁ、仕方がないなこれは……」
ドクンドクン
ユーノ「急ぎましょう、治療はアースラに帰ってからに――」
私「いや、私は置いていってくれ」
局員「今なんと?失礼、度重なるショッキングシーンの連続で脳がまだ揺れてるみたいで」
私「どうやら私の中に寄生蟲がいるらしい、奴の置き土産か……」
ユーノ「……!すぐに摘出しないと!リンカーコアに辿り着く前なら間に合います!」
私「それも手遅れだな……さっきから魔法が使えない、恐らく既に……」
ドクンドクンドクン
私「なに殺してくれとは言わないさ、爆発で死ねるだろうが……自分で始末をつける」
ユーノ「そんな!でも!」
私「一つだけ、娘に帰れなくて済まないと謝っておいてくれ……」
局員「そんなもん生きて帰って自分で言えやあああ!遺族へ報告なんて真っ平ゴメンです!」
局員「誰か欠けてトゥルーエンドなんて我々は認めません!」
私「無茶を言うな…ぐっ…!もう時間も無い……君達は脱出してくれ……」





ユーノ「出来ません!自分達だけ脱出なんて……!」
私「仕方ないな……なら出来るようにするまでだ!(バッ」
局員「必殺!局員固め!とそれっぽく名付けたのしかかり!」
ドサドサドサ!

私「っく!放せ!今命を絶たねばもうすぐ私は蟲に……!」
局員「あんた隊長だろ!?なんとかしなさい!なんとかしてー!」
局員「娘一人残して格好良く死ぬなんて幼女を温かく見守り隊として認可できません!」
局員「自殺ダメ絶対!でも生きてたら蟲になっちゃってあれもうわけわかんねぇ!」

ドクンドクンドクンドクン……ドクンッ
私「グッ!……もう……!」
■「……!(バッ」





■「!(ガバッ」
私「っ!?何を……!?」
ドスッズズズズズズズズ
局員「ギャアアアアアア串刺し!?介錯にはまだ早過ぎますってば!」
ユーノ「違うこれは……リンカーコアを探しているんだ!」
私「よせ……もう手遅れだ……グッ!」
■「………………………………!」
ギュオオオオオオオバクン
局員「ノオオオ今度は服がガバーって!バクンッって!隊長さん食べちゃった!?」
局員「ユーノ君ほんとに平気!?実はあの服の方が小腹が空いたというオチじゃなくて!?」
ユーノ「大丈夫です!……多分……」
■「……っ!(ガクン」
局員「え?おおおちょっと今度はこっちが!しっかりー!」
ユーノ「助けようとしているんだ……隊長さんを……!」




……ここは……
【■「ワタシハココデオマエタチニナル」】
……この声は……私……いや……私の姿だったアイツか……
【バガンッビシュルルルルルルルドスッ】
【私「ぐああああああああああああ!」】
……これは私の腕を貫いた時の……
【(DNA・構成物質・身体能力・魔力資質―――解析―――)】
……?……これは……?……知らない……誰の……?
【私「お前と私、残った魔力が多い方の勝ちだ!」】
【(異常発生――解析中断――現時点までの情報を適合化――)】
【(自衛行動――拒否――端末へのインストールを優先―――)】
【■「・・・!■■■■■■■■■■■■ーーー!」】
【(魔力耐久危険値――有機体構成中断――魔力体による補完――完了――)】
【(インストール完了――射出――全工程完了―――魔力耐久―――臨界―――……)】
【私「おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」】





―――そうか……私に「なろうとした」奴は最後に……作ろうとしたんだ……
自分の代わりに……「人間を作ろうとした」……それであぁまでして私の情報を……
そこを私に止められて……自分の防御も捨てて……「あの子」の完成に全てを託した……
……最初から知っていたんだな……私が自分の「親の仇」であるという事を……
だが恨みも何も無い……感情が無い状態で事実として認識していただけだろう……
そして……産まれた目的に従い人間に「なろうとした」……我々から学ぶ事で……
人を模した半分魔力体の「体」と端末としての「服」……人間として完成していない体で……
驚異的なスピードで情報を吸収、処理、蓄積して感情を学び……そして「自分」を持った……
そうか……本体が果たせなかった命題を成し遂げたと言う事か……
だが―――感情を―――喜怒哀楽を―――自分を持った上で―――
それでもまだ親を殺した私を助けようと言うのか……お前は―――!
キイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン
――――――温かい――――――光が――――――私を包み込んだ―――




グォンッドサァッ
私「……がはっ!げほっ……」
■「……フゥ……フゥ……(ドサッ」
ユーノ「生きてる!傀儡蟲にならずに生きてます!」
母蟲「キ……キキィ……」
局員「リリカルマジカルスプレーファイヤアアアアアア!(ゴォォォォォ」
局員「キックキック!おぉ容赦無い浴びせるようなキックであります!(ゲシゲシゲシ」
局員「はい早朝バズーカドーーーーン!」
デバイスMS<オハヨゴザマース!!>
ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンパラパラパラ……
局員「イェハー!ミッションコンプリート!ビールかけ!ハイタッチ!(パシンッ」
ビシッバキッ……ゴゴゴゴゴゴゴゴ
局員「マジで爆発5秒前っぽい!?」
ユーノ「脱出します!アースラへ!」
ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!



私「う……ここは……私はどうなって……うっ……!?」
シャマル「気が付きましたか?でもまだ安静にしてないとダメです」
私「助かった……のか……?研究所は……そうだ彼らは!」
ユーノ「無事ですよ、局員さん達は会ったら殺されるとか言って逃げちゃいましたけど」
私「そうか、良かった……彼らの静止が無かったら私は命を絶っていただろう、感謝だな」
窓からは本局からの救援だろうか、小~中型艦の編隊と燃え盛る第七研究所支部が見えた。
私「そうか……終わったんだな……っ!私は寄生蟲に!」
カシュン
リンディ「それももう大丈夫よ」
私「先輩!私は!…………あ……」
リンディ「覚えているのね?あの子が頑張ってくれたおかげよ」
■「……スゥ……スゥ……」
言われて横を見ると、あどけない顔で眠っている子供がいた―――
私「また―――助けられたな……」





第七研究所支部、辺境とは言え管理局の施設の崩壊は流石に隠せる物ではなかった。
しかしニュースになるのは管理局の統率体制の甘さなどの政治的問題ばかりである。
首謀者が外部からの出向役員である支部長であった事を押し出しての責任転化。
事実とは言えやはり現場の人間から見ると器の小さい事で大騒ぎするものだと思う。
数多くの蟲の残骸、そしてあの研究員の遺体は発見されたが支部長は見つからなかった…
寄生蟲の事実はやはり隠蔽され施設のあった無人惑星は完全立ち入り禁止となった。
事実を知る我々は他言無用をうんざりするほど厳命され表向きは功労者として表彰された。
現在は支部長がいかにして寄生蟲を甦らせたのかが捜査の壁になっている。
もちろんロストロギアは消息不明だしそもそもあそこに移された事実が無かった。
それどころか管理リストからも抹消されていて―――誰がやったのかは考えない事にした。
ただ、私を見舞いに訪れたリンディ先輩が怖いほど上機嫌だった……
私はと言うと予想通り娘に大泣きされた上に何時間も説教され多少落ち込んだが無事退院、
そして――――――




リンディ「そうね、あまり見られるわけにはいかないものね」
私「えぇ、無闇に干渉されず保護下におけるのも唯一アースラだけでしょう」
■「…………」
リンディ「わかりました、この子はウチで【預かり】ましょう」
私「何ですか預かるって!人の顔を見て意地の悪い笑みを浮かべないで下さい!」
■「…………」
リンディ「あらそう?最後のは中々息の合ったコンビネーションだったわよ?」
私「知りません、私の仕事は子守りではありませんから。では――失礼します」
■「…………(シュン」
リンディ「じゃあ今度は是非【遊びに】来てね?」
私「そうですね、【仕事】が無い時はまたお邪魔するかもしれません」
■「…………!」
自分を持って人として歩み始めたロストロギア、体も徐々に人に近付いていくという。
そうだな今度は―――娘を連れて【遊びに】来るとしよう―――



管理局X-FILE SeasonⅡ 完


コメント
この記事へのコメント
お疲れさまですXあきさん。
やはり物語はハッピーエンドが良いですよね。
2006/04/19(水) 01:35 | URL | としあき #5GVcC116[ 編集]
ありあたぁーす。
悲哀の感動系も嫌いじゃないけどやっぱり大団円は大好物です。
2006/04/20(木) 00:59 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/68-35a019f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック