file-13「崩壊」

file-13「崩壊」

ここでは、「file-13「崩壊」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理局X-FILE seasonⅡ

file-13「崩壊」





仲間の活躍で徐々に劣勢を覆す"私"達。
局員や人型端末の助力でついに手が届いた第七研究所支部長に対し私は―――

私「こんな大怪我で帰ったら!また娘を泣かせるに決まっているだろうがああああ!」
ドガァァァァァァァン!
部長「グガハァッ!」
ガラガラガラ……

ユーノ「デ、デバイスで直接殴った……」
エイミィ「しかも隊長さん片手スイングなのにすごい飛んだね……」

管理局X-FILE seasonⅡ file-13「崩壊」





ドドドドドドド
ヴィータ「待てっつってんだろこらー!」
局員「脊椎動物爆走連合夜露死苦ウウウウウゥゥ!」
青い爬虫類「ゲギャゲー!(何人たりとも俺の前は走らせねええええ!)」
研究員「クソッ!シツコイゾ貴様ラ!(ブォォォォォォォン」
ヴィータ「あ!ずりーぞこっちは今飛べねーのに!」
青「ギャギ!(お前らしっかり掴まってろ!)」
局員「ヤヴォールいたした相棒!」
ヴィータ「へ?いやあたしお前らが何言ってるのかわからないんだけど……」
青「ゲギャー!(鳥竜種ナメンなあああああああ!)」
ズダンッ
ヴィータ「うわあああああああ!?」




研究員「!?」
ヴィータ「おっしゃー!跳び越えたぜ!」
ダンッ
青「ギャゲー!?(俺を踏み台にしただと!?)」
ヴィータ「食らえええええええええ!」
ドガンッ
研究員「ガッ!」
ゴオォォォォォドゴーン!
研究員「ガ……カハッ……」
ヴィータ「やったぜはやてー!(ブンブン」
はやて「おーナイスやヴィーター!そんでーロストロギアはー?(ブンブン」
ヴィータ「……あれ?」
ヒューン




ガラガラガラ………
部長「グ、カハッ…クソッ……低脳の分際でええええええ!」
ブオオオォォォォパシッ
部長「ゼェ…ゼェ…残念だったな、所詮貴様らの浅知恵など」
局員「アイキャンフライインザスカイオブザワールドオオオオオオオオ!」
青「ギャゲ!?(また踏み台に!?)」

ガシッ
部長「っ!?貴様!足を掴むな!バランスが……!」
局員「離したら落ちるだろ!落ちたら痛いだろ!?それくらいわかれバカー!」
部長「なら右手と別れてもらおうか!(ジャキ」
局員「あ!ちょっと待って!やっぱり一つ前の選択肢に戻らせて!?」
ドガッガラガラガラ
アルフ「おりゃあああああああああああああ!」





部長「グアアアアッ!?」
ガシッシュタ
フェイト「大丈夫ですか!?」
局員「おぉ!狼に乗った美少女……これが噂のもののけ姫!?」
なのは「フェイトちゃん!アルフさん!……アルフさん?」
フェイト「お待たせなのは、アルフもお疲れ様」
アルフ「い、いきなり魔法が使えなくなって……ここまで走ってきた……」
????「皆!もう大丈夫よ!」
はやて「誰や!?」
シャマル「はやてちゃんまで!?ここは颯爽と現れた援軍に歓声が沸く所じゃないの!?」
局員「あ、それはさっき我々がやっちゃいました」
シャマル「もういいです!はーい皆カートリッジたくさん持ってきたからこれでバーンと」
ユーノ「えっと、嬉しいんですけど……今魔力が使えない状況なんで……」
シャマル「………………orz」



私「……これは一体?」
なのは「二人にはアースラへ連絡に行ってもらったんです」
ユーノ「念話が使えない以上結界を破って直接行くしかなかったんで……」
クロノ「それで、向こうの状況は?」
フェイト「結界の外は無事だったよ、本局へ連絡してもらったからもうすぐ援軍が来ると思う」
エイミィ「はぁ~やっと一安心だね」
私「いや、あのロストロギアを止めなければいくら増援が来ても同じだろう」
はやて「さっきはあと一歩やったのに惜しかったなぁ」
ヴィータ「うぅ……ごめんはやて……ぶっ飛ばす事しか考えて無かった……」
青「ギギャゲ……(お嬢ちゃん、若い時は誰だって失敗するもんだぜ……)」
局員「ハードボイルド爬虫類!?やだちょっとサインして!」
■「…………!(グイッ」
ガラガラガラ
部長「ック!この私を足蹴に……!」
はやて「なんやかんや言うてタフやなーあのおっさん」




部長「いつまで寝ている!卵巣に電圧をかけろ!不完全でも構わん!兵隊蟲を全部出せ!」
研究員「ウグ……リョ、了解!」
バリバリバリ!ガパッウゾゾゾゾゾゾ
刃羽蟲「ギィ……ギチッ」
巣の卵から次々に蟲が産まれてくる、だがいずれも左右非対称で不完全な姿だ。
なのは「なんだかまた状況が悪化しちゃったような……」
私「いや、奴も追い詰められているさ。その証拠にもうまともな兵が無いと見える」
フェイト「魔法が使えるようになればシャマルが持ってきてくれたカートリッジで……!」
シャマル「どうせ私なん……(ガバッ)そうよね!流石テスタロッサちゃん!」
はやて「使えるようになったらの話やけどなー」
シャマル「どうせ私なんて……なんて……(ブツブツ」
ユーノ「は、はやて!」
はやて「なははーいやあんまりおもろいからつい」




はやて「こうなったら小細工無用や!問答無用で燃やしたれ!」
■「…………(コクン、グイグイ」
巨「■■■■■ーーーーーー!(この背中の感触……至福!)」
ドォッドゴオオオォォォン
盾蟲「キシャアアアアアアアアアアアアア!」
私「なんて奴だ……魔法以外にも耐性が……!」
局員「オリハルコンかあいつの殻は!?」
部長「そいつを巣に近づけるな!」
刃羽蟲「ギシャアアアアアアアアアアアアアア!」
ブオオオオオオオオオオオオオオオオオン!
私「あれに囲まれたらまた消耗戦になる……!散るんだ!」





巨「■■■■■ーーーーーー!」
刃羽蟲「ギシャアアアアアアアアア!」
ドォッガガガガガドォォン
リンディ「困ったわね……また身動きが取れなくなっちゃったわ」
なのは「巣からまだどんどん出てきてます……」
エイミィ「しかも気持ち悪さがアップしてるし……」
局員「やっぱモンスター映画と言えば古今東西爆発オチですよ。ドカーンって」
クロノ「しかしそうそう都合良く爆弾なんて無いだろう」
局員「思いつくままの発言なんで内容はもちろんずさんです!」
ユーノ「でも……盾になっている蟲の上から投げ入れられれば上手くいくかもしれない……」
クロノ「今僕達は飛べないだろう、どうやってあれの高さを越えて近づくんだ?」
私「……かなり強引だが私にいい考えがある」
局員「その言い方は失敗しますよ司令官」
私「君達、そのパワーローダーから降りてくれ」
局員「はい?」





局員「いやー!やめてー!そいつは……その機体はー!」
私「いいか?これをあの蟲を越えて巣に投げ入れるんだ」
■「……コクン(シュルルルルルガシッ」
【局員「古くたってまだ使えるよなぁ。よし、今日からお前はヘラクレスだ!」】
【パワーローダー「……」】
■「……!(グルンッブンッブンブンブンブン」
【局員「俺さ、クビになっちまったよ…でもオートメンテがあるから大丈夫だからな!」】
【パワーローダー「……」】
私「今だ!投げろ!」
■「……っ!(ブンッヒューーーーーーーン…………」
部長「何っ!?」
【局員「いつか帰ってきたらさ、また動かしてやるからな!それまで捨てられるなよ!」】
【パワーローダー「……」】
局員「ヘラクレーーーーーーーーーーーーーーース!」
チュドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!




ゴオオオオパチッパチッ……
母蟲「キ、キイイイイィィ……」
刃羽蟲「ギキ……」
局員「うおおおおおおう……うううっ……」
エイミィ「さっきからどうしたの?」
局員「何でも……何でもないです……そうさ、あいつは最後に一花咲かせたんだ!……ウゥッ」
部長「バ……馬鹿な……!」
■「~~~~(グルグルグル」
私「おっと…よくやった、お前のおかげだぞ(ナデナデ」
■「~~♪」
研究員「ブ、部長!卵巣ノ破損デ母体ノバイタルゲージニ異常数値!培養槽ニモ亀裂ガ!」
部長「このままでは危ない……!拘束を解け!卵が駄目でも母蟲達を地上に出せば…!」
ガキンッガキンッドバシャアアアアアアアアアアアア
巣の上方から青い液体が降り注ぐ。培養槽……と言う事はあれが培養液か。




部長「急げ!培養液が無ければ長くはもたない!」
研究員「活性剤投与!母体目覚メマス!」
ゴゴゴゴ……ドガアァァァァァァン!
女王蟲「キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」
巣が納められていた格納庫、それを突き崩して出てきたのは破損した巣に繋がった蟲だった。
私「そうか卵巣……巣はあの蟲の一部だったのか……!」
局員「クイーン出たああああ!お客様の中にリプリーの方はいらっしゃいませんか!?」
なのは「でもなんだかあの蟲……苦しそう?」
部長「彼女はDNA操作で作り出した変異体でね、言わば蟲の大量生産工場さ」
私「過度の変異のせいで生命維持装置が無ければ生きられない、というわけか」
部長「もって数分かな、だが彼女の体内にいる母蟲達を地上に解き放てば……私の勝ちだ!」
私「それを我々が黙って見ているとでも?」
部長「止めてみたまえよ、コレがこちらの手にある限り君達は無力な人間だがね!」
私「あぁ、止めてみせるさ――――――!」
どの道我々が生き残るためにはそれしか手段は無い―――!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/61-7a406456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック