5、仮定的世界における人格構成の不変性

5、仮定的世界における人格構成の不変性

ここでは、「5、仮定的世界における人格構成の不変性」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか忘れたけどレスでギャートルズとか言ったら原始ネタがやりたくなった。
なったけどギャートルズをパロれるほど覚えていなかった。
そして結局好き勝手適当になった。イェーイ適当適当。



■時空管理局局員の華麗なる日々

5、仮定的世界における人格構成の不変性

①昨日ギャートルズなんて言った手前書きたくなった

過去か未来か別次元か、石器時代とかそんなニュアンスを適当に漂わせる世界がーあったーそうなー(CV下條アトム
二本の足で立ち上がった人類と本能のままに生きる獣達が共存し、そして時に互いの生命を食らい合う・・・(CV玄田哲章

キョクイン「ウッホ!ウッホ!」
キョ「カイナカイ ニラバハキアタシア アナ?」
キョ「シタッカナテッイ ンキイサ エネイイ!」

アルフ「あんた達何でおサルの真似してるの?」

キョ「あれ?原始ネタって聞いたからてっきりこんな感じで進行するのかと」
キョ「普通に喋っていいなら言ってくださいよ。逆言葉で会話するのすんげー疲れるんですから」
キョ「ヨタッダツレンチ ノイカツアツベクト スクッミコノs'A ラタッイ ズーマーゲ」
キョ「オンドゥルルラギッタンディスカー」

そんな根本的に何も変わっていない世界に繁栄を極めた集落があったーそうなー(CV下條アトム

~ウミナリ村~

ア「あ、時間だ。王様のーおなーりー」

ギギイイイイィィ

なのは「はいユーノ君、あーん」
ユーノ「あ、あーん」
フェイト「あ!こ、こっちもおしいよユーノ!ほらあーん」
ユ「え、あ、うん、あーん」
ヴィータ「おいずりーぞお前らばっかり!あたしにもあーんってさせろよ!」
シグナム「そんな物よりユーノ君、この私の完全栄養食品を!さぁ!」
シャマル「母乳なんて出ないでしょ妊娠もしてないのに!それよりユーノ君、このバナナを握ってあどけない表情をこっちに向けてくれないかしらうふふふぇへへへへ」
ユ「いやだから、その、ちょっと、」

ア「あ、ごめーんまだご飯の途中だった?」

キョ「スゲー何あの恋愛資本主義の勝者」
キョ「王様バンザーイ!恋愛帝国主義の独裁者バンザーイ!」
キョ「アネハ族も真っ青のフラグの乱立施工バンザーイ!」

ユ「いやだから僕は王様になんかならないって!皆が勝手に決めたんじゃないか!」
な「第一王妃の私が決めたんだから問題ないの、フェイトちゃんだって賛成だもんねー」
フェ「うん、皆で仲良くお嫁さんになればいいと思うよ。その・・・夜も皆での方が楽しいと思うし・・・」
ヴィ「夜?皆で寝るのか?でもでっかい寝床じゃないとこの人数は狭っ苦しいと思うんだけど」
シグ「フ、お子様は何も知らなくていい。ただアホみたいな寝顔をさらけ出して爆睡していればそれでいい」
シャ「それよりユーノ君!今度はこのバナナを咥えて下から見上げるような視線でこっちをうふうふぁうへへへへ」
ユ「だーかーらーううぅ・・・」

キョ「まぁまぁ皆さん、ここは一つ落ち着いてユーノ君いや王様の言い分もですね」
な「うるさいの、奴隷は黙って私達の新居のピラミッドでも作ってればいいの」
キョ「DO・RE・I!?俺ら奴隷ッスか!?人権無き強制労働力ッスか!?あとピラミッドって墓じゃないんスか!?」
キョ「いやだってさっきナレーションで根本的に何も変わっていないって・・・はっ!?まさか!?」
キョ「そんな!書類持っていけとかジュース買って来いとか脱衣場からユーノ君のパンツ盗ってこいとかあれは全部誇り高きパシリだと思っていたのに奴隷だったなんて!」

な「とーにーかーく!ユーノ君は王様でなのはは第一王妃なの!これは決定なの!」
シグ「ちょっと待てタカマチ、先程は聞き流したが今度は聞き捨てならないぞ、第一王妃は私だろう」
ヴィ「なーさっきからダイーチオーヒって何の事だ?」
シャ「そうねーわかりやすく言えば奥さんがたくさんいる場合誰が一番のお嫁さんかってことね」
ヴィ「何!?そんならあたしだってそのダイチーオーヒーだ!」
フェ「えと・・・その・・・皆で仲良くすればいいんじゃないかなって私は思うんだけど・・・」

キョ「あ、でも奴隷なら重りつけられたり首輪とかされちゃうんじゃない?」
キョ「首輪!?そんな屈辱的な・・・屈辱的な・・・屈・・・前屈み・・・」
キョ「あ!お前今ユーノ君に首輪をつけられるところ想像しただろ!このエッチめ!俺もだ!」

ア「あぁ~これが夢にまで見た原始肉・・・!しあわせ~(モグモグ)」


②一発ネタだったけど使い所再び

フェ「でも毎日全員だとユーノも疲れちゃうからやっぱり順番を決めた方がいいと思うけど・・・」
な「いいの!なのはは第一王妃なんだからいつもユーノ君と一緒にいるの!」
ヴィ「順番?なんの順番だ?ユーノの隣で寝る順番か?」
シャ「結構正解よヴィータちゃん、ところでこの首輪ユーノ君にぴったりのサイズなんだけどちょっと試着してみない?美少年+首輪、これね!」
シグ「胸を枕にするとしたら縦と横どちらが寝心地がいいものか・・・ユーノ君はどう思う?」
ユ「話を聞いてーーー!」

エイミィ「はいはーいお取り込み中悪いけどお知らせで伝達で緊急連絡!川向こうの集落が攻めてきたよー」

シグ「敵襲か!」
ヴィ「おーしぶっ潰す!」
な「なのはとユーノ君のラブラブ新婚生活を邪魔しようなんていい度胸なの・・・!」

キョ「なんてかわいそうな襲撃者なんだろう」
キョ「俺ら出番無さそうだけど楽そうだから文句は言わないでおこう」
キョ「あぁ大人だよな俺ら」

~村はずれ~

キョ「はいそれでは現場に繋いでみましょう、現場のキョクインさーん」
キョ「はーいこちら現場のキョクインです。現場では襲撃者の到着を今か今かと待ち構える皆さんでごったがえしております」

な「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

キョ「無言の殺気があたりを包んでいます。って言うか怖いです!なんだか体験したことあるような気がする恐怖感です!(ガクガクガクガク」
キョ「しかしどこから来るんだろうか・・・お?あれは!?」
キョ「鳥か!?飛行機か!?って言うか飛行機ってなんだ!?」
キョ「空飛ぶメイドさんか!?空飛ぶお兄ちゃん大好きな義妹か!?」

はやて「全部ちゃうわーーー!」

ズドーン

巨大モンスター「■■■■■■■■■■―――――!!!!」

キョ「うおおおお!?あるはずの無い記憶に出てくる怪獣キター!?」
キョ「その上に乗っているのはヴォルケン村のヤガミ=ハヤテ女王!」
キョ「しかもネコミミつけてるー!?どうだろうあの破壊力は!」

巨「■■■■■■■■■■―――――!!!!(ネコミミ娘バンザーイ!)」

は「ふふふふふモンスターマスターとでも呼んでや」

青い爬虫類「ギョッギョガガギグギャ!(旦那の親分は俺達の親分!長い物に巻かれて生きていこうぜ!)」
青「ギョゲッゲギャグガ!(オイオイ見ろよ!なんか頭の悪そうな哺乳類がいるぜ!)」
青「ギョヘーギャギッゲガ!(あぁ全くだ!四六時中アニメやゲームのことばっかり以下略だぜ!)」
青「ギギャゲギョガガーギギュ!?(なんだかよくわからないけど言わなきゃイケナイ気がするので言っておこう第二第三の俺達ウヴォアー!?)」

ドォーン

な「はやてちゃん、その程度の取り巻きで正面から挑んでくるなんていい度胸なの」

は「流石やななのはちゃん、でも今日こそはユーノ君に私のお婿さんになってもらうで!」
ザフィーラ「と言うかそこの3人は立ち位置的にこちら側だろう」
ヴィ「え?あぁそー言えばそうだよな」
シャ「ユーノ君を誘拐に来たつもりがあまりのかわいさについ目的を忘れてしまっていたわ!」
シグ「だが本来の目的を思い出した今するべきことはただ一つだトウッ!(ガバッ」
ユ「あーれー!?」
は「おーナイスツッコミやザフィーラ!成長したなー師匠として鼻高々や!」
ザ「恐縮です主」

フェ「あっ!ユーノ!」
キョ「って言うか敵が紛れ込んでたのになんで誰も気付かないんですか」
な「むむむむむあまりにも堂々と馴染んでいたからわからなかったの!とにかく!さっさとユーノ君を返すの!」
キョ「帰すじゃなくて返すってあたりがかわいそうだなぁ」

???「ちょーーーーと待ったーーーーーー!」

キョ「はて誰だろうあのガチショタホモっぽい声は?」
キョ「あ、山向こうのアースラ村の族長だ」

クロノ「どいつもこいつもユーノの意見を無視して!これだから女って奴はブツブツあぁ大丈夫だよユーノ、今すぐ僕が助けてあげるからそして村に帰って二人でハァハァウッ」

な「♂のくせにユーノ君を求めるなんて人間的にも生物的に終わってるの。いいから絶滅確定種はすっこんでろなの!」
は「せや、人の恋路を邪魔する野暮な子は人のペットに蹴られて死んでまうでー」
巨「■■■■■■■■■■―――――!!!!」

ク「ふん、そいつの弱点は既出だ。出番だリーゼ's!」
ロッテ「呼ばれて飛び出てにゃにゃにゃにゃーん!クロスケのためならえんやこら!」
アリア「というのは表向きで美少年獲得のためなら協力は惜しまなおっと本音が出てしまった」
ロ「そんな即席のネコミミには真似できない匠の技を見せてあげるわ!」
アリ「さぁ見るがいい悶えるがいい!必殺!ネコミミポーズ!」
ロ&アリ「「にゃにゃにゃにゃーん♪」」

巨「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ロ「何よその失礼な反応は!」
アリ「これほど完璧なネコミミなど無いはずだ!」

巨「■■■、■■■■、■■■。」
青「ギャーギギャギグゲギョガ(いやーやっぱネコミミの完成度より若さがねーだそうです)」

キョ「だ、そうです」
エ「ナチュラルに意思疎通できてるのね君達」
キョ「言葉はわかんないですけどなんか言わんとすることはわかっちゃうんですなんとなく」

アリ「ほう・・・年増に興味は無いと・・・」
ロ「あー言っちゃいけないこと言っちゃったー知らないよー知らないよー五体満足じゃ死ねないよー」
ク「落ち着け二人共、年増化け猫になんて興味無いと言われたくらいでブフッ!?(ドガッ」
ロ「もー怒った!全員血祭りに上げた方が手っ取り早いニャー!」
アリ「お前達の屍の上に立ち世紀末伝説を打ち立ててくれる!」

な「邪魔すると全員塵なの!行くよ!レイジングハート!」
RH「All right,my master」
フェ「ユーノは返してもらうから・・・!バルディッシュ!」
B「Yes, sir.」

キョ「あ、デバイスは有りなんだ」
キョ「御都合の すごい 設定!」
キョ「つーか俺ら益々空気だな」

は「おーしこっちも行くで!皆!」
シグ「了解!レヴァンティン!」
Le「Jawohl!」
ヴィ「行くぜグラーフアイゼン!」
Gr「Schwalbefliegen」
シャ「お願い!クラールヴィント!」
Kl「Americanform」
巨「■■■■■■■■■■―――――!!!!」
青「ギャギャゲギョギゲガ!(なんか行けそうな展開!)」
青「ゲゲギャギグギャ!(ヨッシャア!便乗して勝ち名乗りを上げようぜ!)」
青「ゲヒャギヘギギャー!(美しき者伝説第2章の幕開けだぜ!)」

ク「ちょっと待てユーノは僕の物だ!行くぞデュランダル!・・・デュランダル?」
Du「Boss・・・Overload・・・(バチバチ」
ク「まさか・・さっきリーゼ達に殴られた時に!?」

Du「Eternal Coffin Wide Area Shift」

ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・・・・

ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・・・

ビュオオオオオオオオオオオオオオ・・・・・・・


こうして世界は氷河期を迎えー栄華を誇った巨大な生物は姿を消しー極寒を世界を生き延びた哺乳類の時代がやって来るのだったー(CVクイック・下條・ストライク・アトム

~ウミナリ村洞窟~

な「だーかーらー!第一王妃は私なの!」
シグ「それだけは譲れんな!ユーノ君への愛で負けるわけにはいかない!」
ヴィ「ダイチーオーヒーはあたしだって言ってんだろー!」
フェ「えとね、やっぱり皆で仲良くユーノのお嫁さんになればいいんじゃないかなって・・・」
シャ「ねぇユーノ君?ちょっとこのネコミミつけてみてくれないかなぁウヒョアー!?似合う!似合い過ぎよ!この感動を壁画に残さなくっちゃ!」
巨「■■■■■■■■■■―――――!!!!(ネコミミ少年!これも有りだ!)」
ク「あぁそのかわいさは犯罪的だよユーノ!ぼかぁ!ぼかぁもう!」
ロ「はーいクロスケはこっちねー(ズルズルズル」
アリ「こうなったら後の世の為に子孫を残そう!あぁ残しまくろう!」
は「んーこれはこれで面白いからありやなー」

ユ「静かに暮らしたい・・・(シクシク」

キョ「ダウソンヘイタ ハミコユフノシトコーア」
キョ「ナヌシ トイナカイテシ ビウソンカウボ リカッシ」
青「ギョヘ?ギョギョギョゲガ!(コミケ?なんだその楽しそうな響きは!)」
青「ギャギョギョゲガギーゲ!(そいつは是非俺達も連れてってくれよ兄弟!)」
青「ゲゲギギョゲーガゲガ!(俺ら足になるからさぁ、なぁなぁ!)」
キョ「ヨダコド ウョジイカ カーツ」

エ「んーもうすぐ春かなー」
ザ「Zzzzzzzz・・・」
ア「お肉おいしい~(モグモグ」




LYRICAL KYOKUIN
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんじゃこりゃ

朝一でA'sコミック買うために横浜に繰り出したよ俺。
アニメイトは見てないけどとらのあなは普通の新刊扱いだったよ。
でもゲーマーズが新刊コーナーの他に4×3の平積みで入口に特設コーナー作ってたよ。
市場に一番敏感なのはゲマ屋だということかー

特典ペーパーはメイトはレジ配布だったけどそれ以外の店はコミックのビニール包装で確認できた。

アニメイト:店により色つき、でもペラ紙(チラシ並)
ゲーマーズ:硬さは一番ポストカードに近い
とらのあな:大きさは一番、硬さはメイト以上ゲマズ以下って感じ

以上のリサーチでゲマズで買いましたとさ。

長谷川せんせーはクロノとバルディッシュとザフィーラ好き、ちぃ覚えた。

描きおろしって10~13話あたりの文章ダイジェストと挿絵の事なのね。しかも2ページて。
でもこれはいいものだ。
コメント
この記事へのコメント
ちょwwwwwおまwwwwwww横浜市民かよwwwww
2006/03/23(木) 12:51 | URL | としあき #-[ 編集]
>ちょ.....おま.......横浜市民かよ.....
ヴィーン……

ちょwwwwヨドバシ場所不便wwwwwうぇwww
月末の金曜日には祖父地図に出没アド街ック!
2006/03/23(木) 22:01 | URL | 局員's「」 #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/6-ed7d1854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック