トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン オートボット編

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン オートボット編

ここでは、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン オートボット編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前夜祭上映を吹き替え・3Dで見てきました。

以下壮絶にネタバレ


・オプティマス・プライム

皆大好き司令官、予告編で人類と決別~みたいな空気出してたけど蓋を開ければ最初から最後まで人類擁護派という歪み無さ。
人類に裏切られるわ尊敬するセンチネルに裏切られるわ散々な展開に・・・
ディセップ雑兵相手に無双したり相変わらずの強さだけど最終決戦で飛行中にワイヤーに絡まり30分くらい出番なしというまさかの事態。
クライマックスではメガトロン様瞬殺したり命乞いするセンチネルに2発ぶち込んだり相変わらず戦い方に容赦無し、そしてカッコイイ台詞で映画を締める様式美も忘れない。
人類に嘘つかれて不貞腐れてビークルモードのまま喋ろうとしないシーンが恐らくこの映画最萌えシーン。

・バンブルビー
今回はNESTの任務で最初サムの傍にはいないが序盤で合流してからは相変わらず親友と言うよりペットみたいな懐きっぷり。
ネームドキャラの抹殺率に定評のある彼は今回もレーザービークにサウンドウェーブを撃破、カセットロンメンバーどころかついに親玉も屠ってしまった・・・恐ろしい子・・・!
サウンドウェーブに処刑されかけるシーンの台詞は泣けるけどサムがアクション起こさないので感動がイマイチ・・・
リベンジ以上に格闘シーンも多くビークルモードからの武器展開もありやはり活躍は優遇されてますね。
ラジオ音声で喋る趣味は変わってない様子。

・アイアンハイド
アクションシーンに定評のあるシリーズ皆勤の武闘派おじさん、今作もビークルモードで敵と正面衝突しながら変形とか序盤から熱いシーンを見せてくれます。
と思ったら序盤で裏切ったセンチネルにあっさり破壊される、しかもスパークを失ってぼろぼろ崩れて首がポロリという・・・

ラチェット
先生も地味に皆勤賞、またカラーリングが変わるオシャレっぷり。
特に目立ったシーンはないけどどっかしらに映ってるのでそれなりに存在は忘れない。

・サイドスワイプ
リベンジから続投、今作ではオープンカーになりました。
今作は銃を使うシーンもありながら代名詞とも言えるブレードもちゃんと使ってくれたしロボットモードでタイヤ走行もあるしで満足。
ラチェットにタメ口で命令してたシーンがあったので多分後で裏に呼ばれてるな。

・ディーノ
新キャラ、赤いフェラーリをスキャン。コミック名はミラージュ。
両腕にカッターやらワイヤーやら装備していて赤キャラにふさわしい武闘派な性格。
目立つボディーカラーと吹替の声もあって出番の割に存在感がある。

・キュー
新キャラ、メルセデスベンツをスキャン。映画以外ではホイルジャック。
人骨みたいな生々しい顔でインパクトがある、ホイルジャック枠なので技術者キャラ。
オートボットだけじゃなく人間用の武器も作ってくれた気のいいおっさん。
最終決戦でサウンドウェーブ達に捕まるシーンでフレンドリーな会話で説得しようとするも処刑されてしまう。

・ロードバスター
NESTとは別チームのレッカーズの一員。
特にこれといって個性をアピールするシーンはなくビークルモードでドンパチ撃ってた印象しかない。

・トップスピン

レッカーズ、ドレッドヘアーみたいな頭が印象的。
玩具設定では武器職人みたいな感じでレッカーズのビークルが武装だらけなのも彼の仕事らしいがロードバスターと同じく劇中では地味。

・レッドフット
レッカーズ、とにかく丸くごっつぁん体型なロボットモードが印象的。
赤いキャラの例に漏れず発言は攻撃的、攻撃艇から脱出したディセプティコン兵を四肢をもぎとってリンチする様はどちらが悪役か考えさせられるほど。

・ウィーリー
前作でミカエラに調教されてオートボット側についたラジコン君。
相棒と共にディセプティコンの空母的な艦に乗り込んで内部から破壊、結果的に処刑寸前のバンブルビーを救うお手柄だったが生死不明という残念なオチ。

・ブレインズ
ウィーリーと同じく鞍替えした小型TF、パソコンに変形し情報収集に長ける。
ディセプティコンの空母を破壊するが脱出は諦めていたようで「ここまでか・・・」と語っている。
空母も川に沈んだだけだしこの2体は最後に生きてました―って出てくると思ったんだけどなぁ・・・

・センチネルプライム

オートボットの先代司令官、月面に墜落したアークで休眠状態になっていたお爺ちゃん。
実は戦時中にメガトロンと密約を交わして自ら発明したスペースブリッジを利用し故郷セイバートロンの復興を目論んでいた本作の事実上ラスボス。
プライムだけあって戦闘力は高く最終決戦では援護があったとはいえオプティマスを含むオートボット部隊を一人で相手にして圧倒するチートっぷり。
しかしメガトロンの裏切りで負傷した所をオプティマスに容赦なくトドメを刺される。
平和の守護者よりもセイバートロンの存続を優先して考えたある意味トランスフォーマーとしては間違ってない指導者だったと思う。
まぁ神は一人でいいとか言ってたし野心があったのかもしれないが・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/529-c9d010f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック