リリカルサスペンス劇場 5

リリカルサスペンス劇場 5

ここでは、「リリカルサスペンス劇場 5」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨年の2/14からまさかの2年持ち越しネタ

誰が覚えてるんだこんなの!




前回のリリカr―――サァ オイシイチョコレート ヲ 試食シマショウ



2009/02/14(土) 「部長のなく頃に ~部長血祭り編~」
><こんや12じ だれかが オイシイチョコレート ヲ作リマショウ>

2010/02/14(日) 「死亡フラグの館(前編)」
>局員「ギャアアアアアア鍋の中にチョコが!しかもなんか文字が浮き出てる!?」
>局員「しかもこれ湯煎じゃないし!直火でコゲないチョコって何が原料!?」
>《ゴボッガタッガタガタガタ―――ガシャーン…ゴボッドロッ》
>ユーノ「僕の気のせいじゃなければあのチョコ…動いてるような気がするんだけど…」
>クロノ「奇遇だな、僕の目にもそう見えているところだ」
>《ゴボバッ》
>ヴィータ「手が生えてきた!?







局員「もういいから!もう終わってるからその日!もう――――あれ?え?今日……?」
局員「"無題 Name としあき 11/02/14(月)"だと!?」
局員「ぎゃああああああああああニ周してるううううううううううう!」
ヘラクレス「去年モ同ジ事シテマシタヨネ」

生存者:なのは/フェイト/ユーノ/ヴィータ/シャマル/ザフィーラ/アルフ/クロノ/エイミィ
局員's(3名)/ヘラクレス/隊長/娘/■/部長/リンディ
行方不明:はやて/シグナム

>はやて「もー知らん!皆のアホー!(バターン、ドドドドドドド……」
>フェイト「は、はやて!?どこ行くのー!?」

>シグナム「……外で物音が……少し様子を見てくる……」
>局員「それだめえええええええええええええ!その発言アウトですシグナムさん!」
>シグナム「フ、私を誰だと思っている?皆私が帰ってくるまでここを動かないようにな(バタン」









サスペンスもどきなコントの途中でいつもの面々に襲い掛かる怪奇現象。
着地点を間違えた部長の死亡フラグによって次々に散っていく仲間達!
空間が捻じ曲がり脱出不可能な陸の孤島と化す洋館!
人の形を成したチョコレートの襲撃を受け事件の黒幕に気付き始めた彼らの前に、
いつものアレが姿を表した――――

リンディナビ(?)<サァ オイシイチョコレート ヲ 試食シマショウ>
ヴィータ「うわあああああ!?アレまだあったのかよ!?」
クロノ「いやちょっと待て、前に見た時とは何か違って……?」

リンディナビLL<オイシク食ベル為ニ チョコレートニ 砂糖ヲカケマショウ>

局員「でっかくなってるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?」

「最終章・死亡フラグの館(後編)」










局員「ば、馬鹿な!あんなモデル知らないぞ!?」
クロノ「アレが何だろうとどうでもいい!手遅れにならない内に破壊するんだ!」
アルフ「出てきた時点で色々手遅れだと思うけどねぇ」
リンディナビLL<ソレデハ ゴユックリ(ゴボッゴボゴボゴボッ>
エイミィ「チョコの中に沈んだ!?」
チョコゴーレム『ゴボア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!』
ザフィーラ「っ!動き出すぞ!」
局員「そんな荒ぶるチョコレートに前回から足を掴まれている局員!局員をお忘れなく!」
なのは「そう言えばそんなシーンがあったようなそうでもないような……?」
局員「記憶が朧気でも今ここにある危機!ここは私に任せて逃げて下さい!…あれ!?」
フェイト「そ、そんな!局員さん一人を置いて行くなんてできません!」
ヘラクレス「ゴ主人様ラシカラヌ発言……悪イ物デモ食ベタンデショウカ」
局員「いいやあいつはここ一番で自らを犠牲に女性や子供を守る……そんな奴さ!」
ヴィータ「お前の事……忘れねーからな!(ダッ」
局員「ちょ、ハッ!?まさか…ち、違うんです!これは部長のフラグが!待って助け(バタン」










なのは「《キョロキョロ》ここまで来れば安s《バシュルッ》むぐー!?」
■「……!(ダメ!」
局員「なのはちゃん!迂闊な発言は控えて下さい!」
隊長「取り合えずこれからの事を考えよう、なんとかして脱出するんだ」
ユーノ「脱出って言ってもドアや窓が全然違う場所に繋がっているような状態ですよね…」
ザフィーラ「結局はあの機械を止めなければならないな」
クロノ「以前のように分解できないのか?」
局員「あれは3人揃ってないと難しい上に今回は相手が未知数ですからねぇ」
局員「部長が死亡フラグを立てる度に我々にそれが降り掛かる事もお忘れなく!」
ヴィータ「あれ?そういえばあいつ……どこ行った?」
アルフ「確かこれ以上喋れないように縛り上げてたらドアが叩かれて―――」
娘「みんなでわーってキッチンまで逃げたから―――」
ヘラクレス「アノ部屋ニ置キ去リデスネ」
フェイト「あの部屋にも動くチョコが入ってきてた……よね……?」









ユーノ「……ど、どうしよう!置き去りにしてきちゃったよ!?」
局員「いいんじゃないですか?どうせ部長だし」
局員「これ以上死亡フラグのとばっちり受けずに済むわけだしむしろ万歳ですよハハハ」
クロノ「事実だが人としてどうなんだそれは……」
アルフ「ところでここはどこなのさ?」
シャマル「確かここは……1階の給湯室ですね」
エイミィ「言われてみればティーセットも置いてあるし小さいコンロも―――」
ヘラクレス「同体反応!離レテ下サイ!」
《ゴボッゴバアアアアアアアアアア》
チョコゴーレム「ゴボアアアアアアアアアアアアア!(ガシッ」
エイミィ「きゃー!?」
クロノ「エイミィ!くっ、デュランダル!」
???「おっと動かないでいただこうか?動くとそこのお嬢さんが大変な事になるよ」










なのは「誰!?」
???「動くとこの湯煎で人肌に温まったホワイトチョコを彼女の顔にドバっと行きますよ!?」
ユーノ「……何してるんですか局員さん」
局員(?)「だ、誰の事かね!?私はチョコレートゴーレム部隊指揮官ホワイトマスクだ!」
ヴィータ「覆面を白いのに変えただけじゃねーか!」
ホワイトマスク「だ、黙りたまえ!君達の知る局員は死んだ!私は復讐の為生まれ変わったのだ!」
局員「復讐ってお前自分から囮に志願しておいて何言ってんだ?」
ホワイトマスク「あれは俺の意志じゃない!なのに皆して見捨てちゃってさぁ!もういいよバーカ!」
娘「おおげさなこと言ってるけど仲間はずれにされてスネちゃったんだね」
■「………(ペコリ」
ホワイトマスク「ぐあああああ!い、今更謝罪など無意味だ!私は悪魔に魂を売り渡した!」
ザフィーラ「大分良心が揺らいでいたようだが」
白チョコゴーレム「ゴボアアアアアアアアアアアアアアア!」
フェイト「白いチョコのオバケ!?」
ホワイトマスク「精鋭部隊ホワイトゴーレム!ドロドロのチョコ(白)!後はわかるね!?」










ホワイトマスク「さぁ観念して白くてドロドロになっていただこうか!(女性限定ユーノ君含」
局員「おのれなんて羨まいやけしからんポジションに!俺と代わいや俺も混ぜいや」
局員「皆さんここは我々が引き受けます!先に逃げてください!」
なのは「ホワイトマスクが3人に増える予感しかしないんですけど……」
ホワイトマスク「取り敢えず罰ゲームはこうなります的な感じでエイミィさんどうぞ」
白チョコゴーレム「ゴボアアアアアアアアアアア!(ドロドロドロ」
エイミィ「いーやー!?来るなーーーーーー!」
《ドバシャアアアアア》
エイミィ「っっっっっ!………?クロノ君!?」
クロノ「無事か……?エイミィ……」
エイミィ「私は大丈…それよりクロノ君は大丈夫なの!?」
クロノ「僕なら平気だ…この程度の甘さ…母さんの手作りに比べ…た…ら―――(ドサッ」
エイミィ「そんな…クロノ君!?クロノ君!返事をして!」
ヘラクレス「ナンデスカコレ」










局員「今の執務官はまさか"恋人を庇ってバキューンorグサッ"タイプの死亡フラグ!?」
局員「馬鹿な……部長のフラグがまだ続いている……奴は生きているのか!?」
クロノ「だ…誰が…こいびウプッ…胸焼けが……」
ホワイトマスク「チィッ!まぁいい二人をベッドルームへ運べ!そしてカメラを回しておけ!」
白チョコゴーレム「ゴボッ!」
娘「なんでカメラがひつようなの?」
なのは「ぅえ!?そ、それはまぁそのゴニョゴニョ…」
シャマル「絆を深め合った二人がする事なんて一つに決まってるじゃない!」
ヴィータ「何すんだ?」
シャマル「何ってナニよってきゃーもう何言わせるのヴィータちゃんもー!」
ザフィーラ「落ち着け!」
エイミィ「なんにもしなーーーーい!それより助けキャーーーーーー!?(バタン」
ホワイトマスク「これでまた二人脱落……次は君達の番だフハハハハハ!」
ユーノ「なんでそんなに活き活きしてるんですか!?」










ホワイトマスク「さぁお嬢ちゃん達にもお兄さんのホワイトチョコ(白い食用チョコレート)をあげようね」
娘「きゃー来ないで!あっち行ってー!」
■「……!……!(ブンブン」
ホワイトマスク「怖がる事はないさしかしその怯えた表情で新しい何かに目覚めそ《ヒュガッ》…う?」
隊長「……………」
ホワイトマスク「あ……………いやそのですね、スイマセン選択肢間違えましたリセットします」
隊長「人生のリセットか、分かった私も手伝おう(ゴゴゴゴゴゴゴゴ」
ホワイトマスク「違います!そうじゃなくてワンシーンぐらい前からやり直しをですね―――」
隊長「そうだな人生にやり直しはないな」
SilverShot<Are you ready?(命乞いの準備はいいですか?>
隊長「皆、ここは私に任せて脱出方法を探るんだ、娘達を頼む……!」
局員「わー!?途中まで良かったけど最後それダメです隊長さん!」
隊長「後から必ず追いかけるさ、明日は娘の誕生日なんでね(グッ」
なのは「た、隊長さんまで……」
娘「わたしのたんじょうび明日じゃないよー」










ホワイトマスク「勝機!死亡フラグに取り憑かれた今なら《ゴッ》今《バキッ》スイマセ《ドゴッ》」
《ドシャァッ》
アルフ「うっわボロ雑巾だねこりゃ」
ザフィーラ「悪党の末路は悲惨だな」
ホワイトマスク「うぐ…この世にリア充共がいる限り…第二…第三のホワイトマスクが必z(ドグシャ」
隊長「来い!お前達の相手は私だ!」
白チョコゴーレム「ゴボオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」
フェイト「隊長さん!一人でその数を相手に戦うなんて無茶です!」
隊長「確かに無茶かもしれないが、別に全て倒してしまっても構わないだろう?」
ヘラクレス「ドンドン悪化シテイマスヨ」
局員「行きましょう!これ以上隊長さんに喋らせちゃダメです!手遅れな気もしますが!」
娘「うわーんたいちょー!」
■「…!…!(ジタバタ」
ユーノ「危ないよ!今は隊長さんを信じて逃げるしか無い……!」










ヴィータ「大分人数減っちまったな……この先どーすんだ!?」
局員「やるべき事は二つ、部長とリンディナビの持ち主の捜索です」
なのは「部長さんの発言で私達がピンチになっちゃうのは聞きましたけど……持ち主って?」
局員「リンディナビは常に持ち主を介して活動するからです」
ヘラクレス「私モ乗ッ取ラレタ事ガアリマシタガ?」
局員「単体でも機械への侵食は行えるが人を媒介にしたような超常現象は起こせないはずだ」
シャマル「つまりあの蟲男を捕まえてナビの持ち主を突き止めれば助かるんですね!?」
局員「少なくとも今我々を危機に陥れている状況は終わるはずです」
アルフ「さっき捕まったクロノ達や行方不明のはやて達はどうするんだい?」
フェイト「まずは館の安全を確保すれば探せるんじゃないかな……」
局員「時間がありません!今も部長が死亡フラグ発言をしているかもしれないから!」
ユーノ「二手に分かれましょう!」

リンディナビLL「サァ、最後ノ仕上ゲヲ始メマショウ」
コメント
この記事へのコメント
 二年越しのリリカルサスペンス劇場ww 局員は相変わらずですねw
2011/02/14(月) 21:14 | URL | akiyakan #I509/VTw[ 編集]
更新キタコレ!
管理局Xファイル時代から大好きなんですよ~^^
局員'sが素敵過ぎるw
あと■可愛すぎるw
新作も楽しみにしてますね~(というプレッシャーをかけry
2011/02/16(水) 18:16 | URL | ganma #PgtEBqSc[ 編集]
初めまして!2号という者です。
以前此処にたどり着いて、此処の作品を読ましてもらいました。
なのはちゃん達+局員’sが良い味出してて面白いです。(特に局員’sが)
これからも頑張ってください。

それにしても・・・教授、あのリンディナビはいったい・・・;
2011/02/24(木) 12:01 | URL | ストーム2号 #-[ 編集]
>二年越しのリリカルサスペンス劇場ww 局員は相変わらずですねw
ニコ動だったら確実に失踪タグつけられる勢いですよねホント
「相変わらず」って認識してもらえる人がいるだけでありがたいですわー

>新作も楽しみにしてますね~(というプレッシャーをかけry
あざーっす!超マイノリティ作品としてこれからもチマチマ続くつもりなんでよろしければ

>それにしても・・・教授、あのリンディナビはいったい・・・;
なのは界隈の掃き溜めへようこそ!第五の力だよ!!
2011/03/05(土) 01:16 | URL | えくすけ #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/519-a4af8186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック