肩とか足はまだいいけど腰に来るとなにか言いしれぬショックがある

肩とか足はまだいいけど腰に来るとなにか言いしれぬショックがある

ここでは、「肩とか足はまだいいけど腰に来るとなにか言いしれぬショックがある」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミケ全日程終了お疲れ様でした。
皆さん実りある買い物はできたでしょうかウフフ。
いきなり関係ないんですけどIMEがあまりにも頭悪いんで最近ATOK入れたんですよ。
でも変換履歴とかIMEのを引き継いじゃったから「実り」って入れたら一発目が「minori」になっちゃうんですね。
ATOKも汚染された……!でも使いやすいねやっぱ。融通の利く変換はストレスが無いでぇ。

以下


今回は3日目しか休みが取れなかったので最終日だけの参加でした。
つってももう昔ほどの準備時間も気力も体力も無いので特に買い物はせずに和んだギコガコしたりする人達のお手伝いメインで参加してきました。
販促営業でポスターとか貼る時の仕事道具が意外と設営に役立ったんで手に職!足に職!という畠山家の家訓は間違いじゃなかったんだな!と思った。
かなり前だけど早朝にはれぶたの再放送やってたよね。懐かしすぎて失禁したんで全話録画したけどまだ2,3話しか見てない。
話戻してコミケ、初っ端からサイフ拾って届けてたら開場して1時間くらい帰れなくなったりと過去の京都イベントを彷彿とさせるフラグを立ててしまったわけですが、
スペースに戻ってみたら案の上エライ混雑になっててガクブルしました。
後はひたすら補充搬入したり段ボールばらしたりとスペース脇で挙動不審者を見かけた人がいたらそれは私という生き物でした。
いやー超疲れたけどやっぱコミケの空気はイイネ!成分的には凄まじく悪そうな感じだけどやっぱあのお祭り空気は好きだ。
この辺が購買活動が減退した今でも参加したくなる理由なのかもしれない。
昔、そう昔は……パソコンの前で何時間も順路地図作ったり企業のドレとソレ行くからお前はアレとコレな!みたいな若さだだ漏れなコミケライフをエンジョイしてたもんですが。
もーそんな時間も体力も無いって言うか金だ金!金があれば後から委託店でも中古でも買えるじゃん!?プレミア価格!?時間は無いけど金はあるぜゲハゲハゲハみたいな薄汚い大人になっちまったのさ……

ゴメン見栄張ったわ金も無い。

今思えばあの頃がピークだったのか……みたいに思う日が多分皆さんにも来ると思いますいや間違いなく来る!
それを悟った瞬間の寂しさというかなんかそんなモンを感じるコミケでした……



みんな1回1回のコミケを大事にしようぜ……



言うまでもないか……



まぁ……

単にモンハン廃人化が一層進行してヒキコモリに磨きがかかっただけという説もあるんだけども。


コミケ乙でした!新刊とか頂いた方々にこの場を借りてもっかい感謝!
明日は秋葉原行って新刊買い込みだヒャッハー!オレの有給はこれからが本番だウフハハハハハハ!

最後に頼まれてもいないのにCM

小作人列伝:なのるんです総集編2
カバー裏にも4コマがあったり背表紙がハガレン仕様になってる事に気付いて驚愕するも総集編1もだよ?とかサラっと言われて2度驚愕。
そう、作り込まれた装丁を汚すまいとビニールカバーを掛けた為にその事実に今日まで気付いていなかったのだ……!
読み返してみると実はかなり初期の段階から描き込み系になってた事にも気付いた。
今後も自重しないでいただきたい!

ギコガコ堂:しゃまるでございまーす総集編
描き下ろし短編がヤバイ。泣く。StSな昨今懐かしさに涙が一杯になりました!絶対お勧めです!て言うか見なさい!おすぎでした。違いました。
初期の頃はストーリー物もサイレントだったんだなぁとかそっちも懐かしくなった。
そしてシャマルさんのオパーイが徐々に増量疑惑は総集編にした事で確固たる事実となったのであった……!
いいぞもっとやr―――

ギコガコ堂:スーパーヒーローライド
冗談みたいにゴージャスな合同誌。
ショッカー戦闘員を見てそういえば変声期頃から裏声で「イーッ!」が出来なくなったな……とどうでもいいノスタルジーを感じました。
よくなのはファンに特撮ファンが多いとかメカ物ファンが多いという話がありますが。
実際その通りだと思いますが別に不思議でも何でもなく特撮とかメカとか男の子なら大半が通る道であるからして!
それがそのままでかくなったのが我々である!という話では。
まぁ特に極めてる人達が多いのも事実である!

という感じの素敵な本は全国のとらとかメロンとかで売ってる感じなので是非買ってみるといいよ!
内容全然紹介してない気がするけどそこはほら読んでみればいいじゃない!

よし狩り行って寝よう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/475-ffd50f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック