35、先進技術影響下での特殊環境における人間の欲望考察
FC2ブログ

35、先進技術影響下での特殊環境における人間の欲望考察

ここでは、「35、先進技術影響下での特殊環境における人間の欲望考察」 に関する記事を紹介しています。
頭の中で月村家が凄い事になっています。










七夕にトラウマを抱える局員'sは逃亡、無断欠勤の上に他人の家でやりたい放題だった。
だが月村家の敷地内で不審者と見なされ迎撃システムに襲われ―――

局員『地雷ってあれだろ!?踏んで放したらドカーンってなる!助けて地雷処理班!』
ヘラクレス『動カナイデクササイ、地雷ヲ撤去シマス』
局員『落ち着け!こんな時こそ平常神を拝むべし!俺ちょっとジュース買って来るわ』
局員『《ガシッ》逃がすかあああああ!無いだろ!どこにも自販機無いだろ!』
ヘラクレス『ダカラ動カナイデクダサ―――(カッ』
《ドォッザーーーーーーーブツン》
ノエル「以上が先程までの映像です」
なのは「いや映像ですって言われても……」

■時空管理局局員の華麗なる日々

35、先進技術影響下での特殊環境における人間の欲望考察










アリサ「犯罪者の末路は別にどうでもいいんだけどこれが何なのよ?」
すずか「局員さん達は今も元気に逃げ回ってるんだけど、聞こえる?」
《ドォンッ……ドォン……ギャー……》
シャマル「さっきから続いてる揺れと轟音はそれだったのね……」
はやて「七夕が怖くなって逃げ出したってフェイトちゃんから聞いたんやけど」
シグナム「逃げた先がその会場とは皮肉な話ですね」
すずか「すぐにシステムを切るつもりだったんだけど見事な逃げっぷりだったんでつい♪」
ファリン「レベル1とはいえSSSから逃げ続けるなんて凄いですよ~」
フェイト「スリーエス?何ですかそれ?」
ノエル「Suzuka Security System、すずかお嬢様が開発した対テロ防犯システムです」
なのは「防犯って言うか殲滅って感じなんだけど……」
ファリン「猫の子は何匹でも通すけど他は何も通さない猫さんに優しい設計です!」
アリサ「犬も通しなさいよ!」
アルフ「そうだそうだ!そう思うだろ!?」
ザフィーラ「知らん」










すずか「そこでお願いなんだけど、皆もSSSの最終試用テストに参加してもらえたらなって」
フェイト「私達も?」
なのは「でもこれだけの敷地だと大規模な結界を使わないと魔法が使えないし……」
ノエル「月村家の敷地内は衛星写真でも撮影できません、もちろん盗聴も」
ファリン「24時間レーダー監視で地上陸上全方位からの接近物をチェックしてまーす」
アリサ「相変わらずの要塞っぷりね……」
シグナム「しかし見られる心配が無いとは言えやはり気乗りはしません」
ヴィータ「バレるとまたクロノがうるせーしな」
なのは「平和に七夕しようよー」
すずか「そう、残念……」
はやて「ふふふすずかちゃん、まだまだ―――」
すずか「勝ち残った人は短冊のお願い事をなんでも叶えてあげるって言おうと思ったのに」
シグナム「なん!?」
ヴィータ「でも!?」
シャマル「マジですか!?」










すずか「もちろん物理的に実現できる範囲でね?」
ヴィータ「アイスしか入ってない冷凍庫は!?」
アルフ「肉しか入ってない冷蔵庫は!?」
シグナム「暴れん坊将軍DVD-BOXしか入っていない冷蔵庫は!?」
フェイト「それは冷蔵庫じゃなくてもいいんじゃ……」
なのは「じゃ、じゃあ私はユーノ君しか入ってない冷蔵庫!」
アリサ「猟奇事件よそれ!」
はやて「一瞬で全員をやる気に……!しかも賞品を特定せず願望を煽る形で!」
すずか「ふふふ、皆やる気だね」
はやて「すずかちゃん……恐ろしい子!ちなみに私はドリフのDVD-BOX入り冷蔵庫で!」
ノエル「では早速準備を、ファリンはあちらへ連絡を」
ファリン「はーい」
シャマル「さっきから一言も喋らないユーノ君は何をお願いするのかしら?」
ユーノ「帰りたいって書きたいです」
ザフィーラ「奇遇だな」









なのは「でも何をどうすれば勝ちなの?」
すずか「SSSの攻撃を避けつつ局員さん達を捕まえた人にそれぞれ得点が加算されるから」
フェイト「総合点を競うわけだね、でも点数って?」
すずか「局員さんがそれぞれ10点、ヘラクレスちゃんが1000点だよ」
アリサ「何贔屓よそれ!?」
シグナム「実質ヘラクレスを捕らえた者が優勝と言うわけか」
なのは「でもなんだか局員さん達がかわいそうだね」
ヴィータ「いやお前いつもあいつらの事ボコボコにしてるだろ」
なのは「何か言ったヴィータちゃん?」
ヴィータ「だからいつもふごもごっ!?」
シャマル「ヴィータちゃん!大人になりましょ!?」
アリサ「って待ちなさいよ!あんた達魔法使いばっかりであたし絶対的に不利じゃない!」
ノエル「バニングス様にはハンデとして専用の装備をご用意しております」
アリサ「え?」










局員「ゼェゼェ……皆大丈夫か!」
局員「ダメだ!タッチペンでどこを触っても高感度が下がる!意外と難しいぞこのゲーム!」
局員「つついてばかりだからだ!マイク部に息を吹きかけてみろ!」
ヘラクレス「コノ状況下デげーむシナイデクダサイ」
局員「フフフ他人には見せられないこの余裕、頼もしい奴らよ!」
ファリン「あ、あのー……」
ヘラクレス「ハイ、何デショウカ」
局員「見られた!?って言うかメイドさんだ!」
局員「見たな娘!mjdちんまいメイドさんだ!」
局員「まさかつけっぱなしにしてきたパソコンから抜け出てきた二次元美少女!?」
ファリン「あの、すずかちゃ、じゃなくてお嬢様からお知らせが―――」
局員「俄然テンションが上がる俺!他人の声が耳に入らないくらい!」
ファリン「聞こえてるじゃないですかー!」
局員「わかってますわかってますこれはもう撮影会開催は免れないですよ!」
ファリン「何も言ってませんよ!?」












アルフ(フェイト!いたよこっち!)
フェイト(様子はどう?)
局員「いつかリアルメイドさんに会ったら聞こうと思っていた108の質問を今こそ!」
局員「メイドさん密着24時!この企画は当たるぞ!視聴率ゲットだぜ!」
局員「おはようからおやすみまであなたの暮らしを監視する局員の提供でお送りします!」
ヘラクレス「タダノすとーかーデスヨソレ」
ファリン「いやー!?助けておねーさまー!すずかちゃーん!」
アルフ(ちっこい方のメイドを嬉しそうに追っかけまわしてるよ)
フェイト(た、大変助けなきゃ!)
猫「にゃーん」
フェイト「あっ、危ないよこちに来ちゃ―――」
《バリッバリバリッ》
ロボ猫「ニ゛ャ」
フェイト「えぇ!?」
アルフ「メカにゃんこだ!」










ロボ猫「ニ゛ャ、ニ゛ャ、ニ゛ャ」
アルフ「わぁっいっぱい出てきた!フェイト!」
フェイト「ど、どうしようアルフ!」
アルフ「どしたのさ?ズバっとやっちゃおうよ」
フェイト「みんなかわいい……」
アルフ「目を覚ましてフェイトーーー!」
ロボ猫「ニ゛ャーーーーー!(ズビー」
《ドゴーーーーーン!》
局員「ん?何か凄い音がしなかったか?」
局員「知らん!今はただ目の前のメイドさんと書いて現実だけを見つめるのだ!」
局員「ウフハハハ今日はリアルメイドさんとエンカウント記念日に認定!」
ファリン「いやーーーーー!《ザザッ》おねーさま助けてください!救援要請です!」
ノエル『頑張りなさい(ザザッ』
ファリン「うわーーーーーん!」










<七夕イベント司令部・月村邸前庭笹の木前ベースキャンプ>
ノエル「目標移動中、作戦通り徐々に前庭に接近しています」
ユーノ「凄い音してますけど、ファリンさんは大丈夫なんですか……?」
ノエル「大丈夫です、SSSは登録された保護対象には決して危険を及ぼしません」
すずか「爆風や衝撃も考慮して保護対象は避けつつ標的を攻撃するんだよ」
ユーノ「ミッドチルダにも無いよこんなシステム……」

ファリン「いやー来ないでくださーい!」
局員「フフフ我々をここまで手こずらせるとは……いけないお嬢さんだ!」
局員「さぁやってまいりましたお仕置きタイム!」
ファリン「ふぇ!?お、お仕置きですか!?」
局員「あなたにはそう、一日御主人様になってもらいましょう!」
ファリン「は、はい?」
局員「職業メイドにとっての屈辱!それは仕えられる事!多分!」
ファリン「すずかちゃーん!私この人達の言ってる事全然わかりませんー!」










シグナム「変質的行為はそこまでだ!」
局員「何奴!って聞くまでもなくシグナムさんwith八神家の皆さん!」
局員「ヒイイイイイイタナバタが追ってきた!」
局員「こ、こうなったらやってやる!俺達だっていつまでも駒のままじゃない!」
ヴィータ「お前ら10点軍団に用はねー、ヘラクレスに用があんだよ」
ヘラクレス「エ、ワタシデスカ?」
はやて「残念ながら今回は私も駒や、ただしいつまでも盤面にいるつもりはあらへん」
局員「話が見えないんですが」
シャマル「つまり局員さんを捕まえれば10点、ヘラクレスだと1000点なんです」
ヘラクレス「誰ノ差シ金カワカッタヨウナワカリタクナイヨウナ」
局員「何だかわからんがヘラクレスをどうこうしようなど我々が断固として許可しません!」
局員「ヘラクレスを面白おかしく改造するのは我々の権利です!」
ヘラクレス「ろぼっとニ人権ヲクレル世界ニ行キタクナッテキマシタ」
局員「何をしている逃げろヘラクレス!ここは俺達が適当な感じで何とかする!」
ヘラクレス「頼モシインダカ頼モシクナインダカハッキリシテクダサイ!」










シグナム「お前に恨みは無いが逃がさんぞヘラクレス!」
シャマル「私達の欲望の為に大人しく捕まって!」
局員「最悪だこの人達!?」
ヴィータ「うっせー!普段お前らに迷惑かけられてんだからイシャリョーだと思え!」
局員「そこに関しては何も反論できませんが我々も譲れません!行けヘラクレス!」
ヘラクレス「シカシ―――」
局員「さっさと行け!そして語り継ぐのだ!俺達の戦いの歴史を!」
ヘラクレス「ヨクワカリマセンガオ言葉ニ甘エテ(バヒューン」
局員「そうあっさり行かれると寂しい!」
はやて「局員さん、邪魔するなら容赦はできんで」
局員「フフフ、果たしてこれを見てもそんな余裕でいられますか」
局員「この聖剣スイカバーを!」
《グシャ》
シグナム「無駄な時間を過ごしたな」
ヴィータ「ヘラクレスを追うぞ!」










局員「…………《ムクリ》さてもういいぞヘラクレス」
ヘラクレス「《ガサガサッ》相変ワラズ丈夫デスネ」
局員「フフフ逃げたと見せかけて迂回してリターン!」
局員「我々のナチュラルな演技に見事に騙されてくれたな!」
《ガサガサッ》
局員「ん?もう出てきてもいいんだぞヘラクレス」
ヘラクレス「ワタシハココニイマスガ」
局員「あれ?」
《ズズウウウウウウン》
局員「……じゃあこの拠点制圧用みたいなアーマードコアは何でせうか」
アリサ『見つけたわよ!』
局員「その声!そしてこのツンデレスカウターの反応は《ボンッ》ま、間違いない!」
アリサ『なのは達とのハンデを埋めるためにすずかに借りたのよ』
局員「埋まり過ぎですよ!埋め立て過ぎですよ!夢の島が出来ますよ!」
アリサ『問答無用!いつもいつも好き勝手してくれたお礼よ!覚悟ーーーー!』










アリサ『逃がさないわよ!』
《ガシュン、ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴオオオオッ》
局員「ぎゃあああああ殺る気十分!?」
局員「って言うか何故コンテナミサイルなんて積んでるんだ!」
局員「ここ本当に日本か!?もしや合衆国日本ですか!」
ヘラクレス「シカモ操縦技術ガカナリ手馴レテマス」
アリサ『お嬢のたしなみよ!』
局員「嘘だー!そんなセレブいてたまるかーーーー!」
《ドオオオオン!》
アリサ『な、何!?』
なのは「アリサちゃん凄いのに乗ってるね……でも1000点は譲らないの!」
局員「死んだな」
局員「あぁ死んだな」
局員「是非も無く死んだな」
ヘラクレス「ワタシハドウナルンデショウカ」










アリサ『なのは……あんたもよ!』
なのは「え?」
アリサ『最近仕事だ訓練だって付き合い悪いじゃない!』
なのは「それはだって―――」
アリサ『うるさいうるさいうるさーい!あんた達がいないとつまんないのよーーー!』
なのは「アリサちゃんちょっと待《ブォン》待って《ブォン》待ってって言ってるでしょ!」
《ドゴオオオオオオオン!》
局員「アリサちゃんのンデ発動によりまさかの生存チャンス!」
局員「生きて帰れたら"私はツンデレに命を救われた"って自伝を書こう!」
局員「巨大ロボ対魔法少女って最近どっかで見たようなそうでもないような!」
ヘラクレス「イイカラ逃ゲマスヨ」
アリサ『大体あんたいっつもユーノと一緒にいるじゃない!』
なのは「いつもじゃないもん!はやてちゃんとか局員さんとか邪魔が入って!」
局員「矛先が向きそうなんで光速のエスケープ!」










《ザッ……ヒュオオオオオオーーーーー》
すずか「やっぱりここまで辿り着きましたね……流石です」
ヘラクレス「ヤハリ黒幕ハアナタデシタカ」
局員「って言うかなんでそんなラスボス臭を漂わせているんですか!」
はやて「そこでその位置を後ろから狙う私や」
局員「はやてちゃん!明後日の方向へ走り去ったはずでは!?」
はやて「甘々やで局員さん……全ては最後のこの瞬間の為!噛ませ犬では終われへん!」
フェイト「あ、すずか!この子達離れてくれないんだけど……」
ロボ猫「ニ゛ャ~」
アルフ「いたたたたた!なんでこいつらあたしには噛み付いてフェイトには懐くのさ!」
アリサ『あんた達勝手に逃げるんじゃないわよ!』
なのは「まだお話は終わってないの!」
局員「ぎゃあああああああ二大破壊神ーーーー!」
局員「フフハハハハここは地獄だぜ!リアルスマブラ!」
局員「しっかりしろ!正気を失ったら終わ《ドゴッ》スマッシュシスターズーーーー!」










アリサ『大体あんたはいつもいつもー!ちょっとはこっちの気も考えなさいよね!』
なのは「そんなの言ってくれなきゃわかんないもん!」
《ズガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!》
すずか「SSSは?」
ノエル「彼女達の進路上にあったSSSは全て破壊されました」
すずか「そっか、悔しいけどまだまだだなぁ」
ノエル「付近へ避難勧告を出した方がよろしいでしょうか」
ユーノ「結界を張りました、敷地が壊滅するような事は無いですよ……」
ノエル「恐れ入りますスクライア様」
ファリン「ユーノさんは何をしてらっしゃるんですか?」
ユーノ「短冊に願い事を書いているんです……フフフ今年はもう叶わないでしょうけど……」
ヘラクレス「ユーノサンニ捕マッタトイウコトデ、ワタシモ書イテイイデスカ……」

<平和で静かに暮らせますように ユーノ・スクライア>
<ご主人様達が自重してくれますように ヘラクレス>










LYRICAL KYOKUIN
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続く




コメント
この記事へのコメント
あ、ユーノ優勝しましたねー。
それは置いといても、スゲェな月村家。
拠点制圧用のACだなんて! すいません、まさかとは思いますが1/1スケールですか?
そしてロボ猫軍団になつかれるフェイトと噛み付かれるアルフ。これが人徳という奴か………。
そしてザッフィー南無。一行しか出番がないなんて………。
2007/07/12(木) 08:19 | URL | サイモン #-[ 編集]
局員は心の中に自動販売機持ってるんだよ!ユーノラヴァーズは冷蔵庫持ってるんだよ!
アリサさんバーニングじゃなかったですけどどっちにしろすごい。いやこの場合すごいのは月村?
ヘラクレスからすればどっちも同じなんでしょうが、局員たちよりすずかが改造を自重してくれるよう願ったほうがいいかもしれません。危険度が別格な気がします
2007/07/12(木) 08:59 | URL | 九尾 #.7qyC5XY[ 編集]
>拠点制圧用のACだなんて! すいません、まさかとは思いますが1/1スケールですか?
なんか頭の中で月村家の敷地がTDL10個分とかよくわからない拡大っぷりなんです

>そしてザッフィー南無。一行しか出番がないなんて………。
StS見ててエリキャロが彼が喋れる事に驚いてたし普段そうとう無口なんじゃなかろかと
もう少し喋るかなーってイメージだったんですが

>局員は心の中に自動販売機持ってるんだよ!
同人誌とかアニメのDVDとか120円で売ってる夢の販売機

>ユーノラヴァーズは冷蔵庫持ってるんだよ!
ヤンデレですね
2007/07/14(土) 23:15 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/381-4cac959e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック