file-91「燃え尽きるメカ魂」
FC2ブログ

file-91「燃え尽きるメカ魂」

ここでは、「file-91「燃え尽きるメカ魂」」 に関する記事を紹介しています。
管理局X-FILE seasonⅣ

file-91「燃え尽きるメカ魂」










前回の管理局X-FILEは―――


なのは「バスターーーーーーーーー!(ドゴオオオオオオオオオオオオオ!」
班長<あたしは負けられないのよ!魔導師に勝てるマシンを作るまでは!>

機関長<ぶわはははは変形!合体!これが漢のメカと知れぃ!>
局員「それでも!それでも俺達はMSやレイバーに夢を見ずにはいられないんだああああ!」
ナビ子<きゃーAIが嘘吐くなんて有りーーーーー!?>
コーカサス<規格外ナモノデ>

なのは「確かに魔法にはそれだけの力があります!けど私は絶対に―――」
班長<あんたがやらなくてもそれをする奴らはいる!>

班長<知ったような口を……何の権利があってそんな事が言えんのよ!>
なのは「私が、あなた達に、そんな事をさせたくないからです!」
班長<な゛……何よそれ……>
はやて「なのはちゃん理論や」










互いに人の道を踏み外した技術に手を染めていたノルダイ軍とサレイジ軍。
正義も悪も無い戦争の現実を知るなのはだがそれでも自分の気持ちを貫く事を決める。
魔法少女と技術屋親子、最後は互いの意地のぶつかり合いに―――

班長<さぁー正念場よ、気張ってよねパパ!>
機関長<ぬおおおおおみなぎって来たーーーーーーーー!>
ナビ子<バルバス隊の真の力!思い知るがいいわどっせーーーーーい!>
《ギュイイイイイイイインドゴオオオオオオオオオオオオオオオン!》
局員「どわーーーー!?退避!退避ーーーー!」
なのは「ユーノ君、はやてちゃん、私間違ってるのかな……」
ユーノ「正しいとか間違ってるとか、僕達でそれを決める事はできないよ、でも―――」
はやて「助けたいって思う気持ちは私らも一緒や、あの人達は……敵やない!」
コーカサス<すくらっぷニハナリタクナイデスシネ>







管理局X-FILE SeasonⅣ file-91「燃え尽きるメカ魂」









機関長<腹部砲門展開!ナビ子!ぶち込んでやれぃ!>
ナビ子<ラグライト粒子砲はっしゃーーーーーーーーーーーー!(ズドオオオオオオオオオオ!>
なのは「ダブル―――」
ユーノ「―――ラウンドシールド!」
《ズガアアアアアアアアアン!》
班長<シールドごとぶち破るわよ!スパイラルアーム突貫ーーーー!>
《ギュイイイイイイイイインガシャアアアアアアアン!》
ナビ子<あれ?手応えが―――>
《ギャギギギギギギイイイイイイイイイイイ!》
機関長<この音!?まずいナビ子一歩引け!>
コーカサス<音ダケデ判断スルトハ……流石ハ年ノ功ト言ッタトコロデスカ>
はやて「目には目を、ドリルにはドリルをってわけやな」
局員「ふはーはははは!ドリルが合体メカだけの特権と思ってもらっては困ーる!」
局員「ドリル!それは単なる削岩機械に非ず!男のロマン!男の夢!男のシンボル!」
局員「でも分類上は作業機械!コーカサスにつけても法に触れないグレーなメカ!」









班長<なるほど一筋縄では行かないわね……けどさぁ>
コーカサス<ナンデ股間カラどりるナンデスカ!ワタシヘノ嫌ガラセデスカ!>
局員「いや違うんだ!設計段階では大口径キャノンを実装する予定だったんだ!」
局員「でも流石に実弾兵器は洒落にならんなーと思って急遽ドリルへ変更したと」
局員「法律は遵守する、俺達ってモラリストだよな」
コーカサス<コノ見タ目ガもらるヲ低下サセテイマス!>
はやて「どうやろ、ユーノ君から見てあのドリルは平均的?」
ユーノ「し、知らないよそんな事!」
ナビ子<ぷ、ぷくくくく……いい様ねポンコツ!あんたにはお似合いの姿よ!>
機関長<その通りじゃ!くだらん法に縛られとる内は貴様らも底が見えとるぞ!>
《ガコン、ウィーン》
機関長<ぶわはははは見よこの雄雄しきビッグマグナム!これが真の股間兵器よ!>
ナビ子<いやーーー私のボディーにセクハラ物体がーーーーーーーーーーーーー!>
はやて「ミッドチルダのメカニックって皆こんなんやろか」
なのは「そうは思いたくないけど……」










班長<ねぇ親父>
機関長<何じゃアニー、偉大な父の背中を見て―――>
班長<もう一回死んで?(ニッコリ>
機関長<がはぁっ!>
ナビ子<うわーーーんもうヤケクソよ!皆私のマグナムで吹き飛べばいいんだわーーー!>
《ズドンズドンズドンズドオオオオオオオオオオオオン!》
局員「バカな!ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲だと!?」
局員「完成度高けーなオイ!先行者もびっくりのマグナム中華キャノンだ!」
局員「ヤケクソになるAIも十分規格外じゃなかろうか!」
はやて「これはなのはちゃんにばっかり働かせてられへんな」
局員「接近戦はコーカサス!遠距離戦はなのはちゃん達!俺達は賑やかし!」
局員「これぞコンビネーション!合体メカに対抗する心の合体だ!」
局員「はいカット!今の部分は編集後に戦闘記録として提出するからヨロシク!」
なのは「そんな程度で―――本当の砲撃は!」
ユーノ「張り合わなくていいから!」











ナビ子<ラグライト残弾数わずかですー!通常弾じゃあの子達に通用しませんよ~>
機関長<構わん時間稼ぎが出来ればそれでいいんじゃ、鐘が鳴るまでな>
班長<冗談じゃないわよあたしは勝つ気で行くからね!>
はやて「それはどやろな~隊長さんがそっちの大将追っかけてるの忘れたらあかんよ」
機関長<ぶわははは新人にバゼルをどうにかできればな!>
はやて「昔はどうか知らんけど私達の知ってる隊長さんなら止めてくれる、な?」
なのは「だね、だから私達の仕事はあなた達を止める事です!」
班長<ふーん随分慕われてるわね新人も、確かに落ち着いた感じだったけど>
ユーノ「軍曹さんはフェイト達に敗れてます、隊長さんだって昔のままじゃないですよ」
機関長<そうじゃな、お前さん達みたいな子供に全力で当たるワシらも同じか>
班長<時代の流れ、ね……15年経ったって言われてもまだ実感無いけど>
ユーノ「そうあなた達はデアル・ターグ遺跡で命を落とし、15年後に目覚めた」
班長<それが何よ>
ユーノ「15年間結界で閉じられた遺跡の中であなた達はどういう状態だったんですか?」
機関長<……いちいち細かい所に気付く小僧じゃな>










機関長<確かにワシらの大半は死に、またかろうじて生きていても死にかけじゃった>
なのは「管理局、隊長さん達と徹底抗戦して……って聞きましたけど」
班長<何で15年かわかる?何であたし達が15年経った今更になって事を起こしたのか>
ユーノ「あなた達を生き返らせたロストロギア、時揺らしの鐘が関係しているんですね」
機関長<まぁ正確にはワシらはまだ死んどるんじゃが、当たりじゃ>
班長<元々鐘自体は鐘楼のパーツ、時間操作は凄い力だけど大きな事はできないわ>
はやて「30人近い死人をこうして動かしてるのに大きな事が出来ないとは謙遜やなぁ」
機関長<そうそれじゃ、時揺らしの鐘は使用者の魔力を燃料に起動する>
班長<船長があたしら全員を鐘に影響を与えるのに15年掛かったのよ……>
はやて「そらまた気の長い話やな……」
機関長<鐘の力自体確証が無い賭けじゃったしな、じゃがワシらはそれに勝った!>
班長<15年越しの作戦!10年も生きてないあんた達に潰されるわけにはいかないのよ!>
はやて「今時歳の差主義なんて仕事でも恋愛でも流行らへんよー」
ユーノ「パーツ……?やっぱり何か引っかかる……」









ユーノ「古代マグレス文明の遺産は鐘と鐘楼だけじゃないんですよね」
班長<軍曹が持って行ったのはサレイジからパクった"時戻しの鐘突き"よ>
機関長<この遺跡、時始めの鐘楼を起動させるコアユニットじゃな>
ナビ子<20年前に私達がマグレスで発見して中佐に取られちゃった物でーす>
機関長<鐘楼起動の影響でマグレスごと次元空間の隙間、位相差空間に埋没したわけじゃ>
なのは「それじゃ取り残された人達は!?」
班長<両軍殺しあったかラグプラントの餌になったか、生きちゃいないでしょうね……>
はやて「私達と最初に会った時に砂漠で掘り出してた物は……?」
班長<それは位相差空間からマグレスを引っ張り出す為の道具、"時開きの鍵">
ユーノ「時開きの鍵、時戻しの鐘突き、時揺らしの鐘、時始めの鐘楼……」
コーカサス<全テガ揃ッテヒトツノろすとろぎあトシテ機能スルワケデスネ>
ナビ子<合わせて古代マグレス文明ロストロギア4点セット!>
局員「急に安っぽくなった!」
局員「通販で売ってそうな感じだ!」
局員「送料手数料はミッドチルダネットタカダで負担しそうだ!」










ユーノ「やっぱりおかしいよ」
なのは「ユーノ君?」
ユーノ「時開きの鍵って鐘楼起動後にマグレスが位相差空間に入る事を想定してるよね」
はやて「ノルダイを消した後にマグレスが消えた理由はわかったわ、でもそれが?」
ユーノ「確かに惑星一つ消し去る力は凄いけど、それで自分も機能しなくなるんだよ?」
局員「言われてみれば兵器としては不完全ですねぇ」
局員「自分の惑星まで消えちゃうんじゃ割が合いませんよね」
局員「じゃあ兵器じゃないんじゃね?」
ユーノ「……そうかも」
【船長「俺達の家族も近所の犬も先祖までさかのぼって消えちまったってわけだ」】
【局員「ん?でもそれじゃタイムパラドックスが起きたりするような?」】
【長官『鐘楼の力は作用した空間にしか影響を及ぼさない、そうでなければ私も消える』】
【機関長『時は"持ち出せない"し"持ち込めない"、結果影響は最小限になるわけじゃ』】
ユーノ「自分達はともかく、敵に向けるなら影響を最小限にする必要なんてないはずだ!」
なのは「あ……!」










機関長<ぶわはははははは本っ当に賢しいな小僧!流石は発掘屋一族か!>
なのは「ノルダイを消滅させたのは……時始めの鐘楼の本当の機能じゃない?」
ユーノ「あの長官が本来の機能を捻じ曲げた使い方をしたんだ……!」
はやて「ちょい待ち、それじゃバルバスの本当の目的って……?」
局員「ぬおおおお何が何だかわからなくなってきた!」
コーカサス<アナタ達……何ヲシヨウトシテイルンデスカ?>
ナビ子<ふーんだあんた達になんて教えてあげないわよーだ!>
班長<それ以上知りたかったからあたし達に喋らせる事ね、実力で!>
なのは「わかりまし―――」
コーカサス<イエなのはサンハ魔力ヲ温存シテクダサイ、ココハワタシ達ガ>
局員「はい!"達"って僕達も含まれているんですかヘラクレス先生!」
コーカサス<無論デス>
局員「いやー!?なんで急にそんなやる気になってるの!?」
コーカサス<ワタシモ知リタクナリマシタ、彼ラガタダノてろりすとナノカ、ソウデナイノカ>
局員「うわーお初めて子供にわがままを言われた父親の気分!」










ナビ子<そんなちっこいボディーで私に勝つ?基盤にカビでも生えてんじゃないの!>
コーカサス<大鑑巨砲主義ダケデハ現代戦ヲ戦イ抜クコトハデキマセンヨ!>
《ガシイイイイイイイイン!ギ、ギギギギ……》
機関長<何だかんだ言っても最後に物を言うのは馬力じゃ!このまま行けナビ子!>
ユーノ「え……ちょっと、局員さん!?何する気ですか!?>
局員「よじ登ることゴキブリの如し!」
コーカサス<長クハモチマセン、早クオ願イシマス……!>
局員「パピヨンのように舞い!(バッ」
局員「やっぱりゴキブリのように取り付く!(ガシッ」
班長<ジャイアントクラブに取り付いた……?振り払ってナビ子!>
ナビ子<私に気安く触ら―――あら?>
《ギ、ギギギギ……》
コーカサス<放シマセンヨ>
ナビ子<この……ぽんこつ!>
はやて「これはもしかせんでも局員さん……生身で巨大メカに挑む気やな、援護や!」










ナビ子<むきー!放しなさいよ!どっからそんな私と対等なパワーが出てるのよ!>
コーカサス<大キサヤ見タ目ダケデ性能ハ決マラナイ、昔ゴ主人様ハワタシニソウ言イマシタ>
局員「合体メカとは一見複数機が融合した巨大な一つの機体に見える!だがしかし!」
局員「実際はそれぞれが複雑に絡み合ったジグソーパズルのような集合体!」
局員「即ち!そのピースが一つでも外れれば―――後はわかるね良い子の皆!」
班長<あいつらまさか……!この状態でジャイアントクラブをバラす気!?>
機関長<無駄じゃ!動く機体を分解する事など到底不可―――>
《ガシイイイイイイイイン!》
ユーノ「局員さん!今です!」
班長<こんなバインド!スパイラルアームで!>
局員「そんな時間は与えん!奥義!爆ぁーく熱ゴッドオオオオオ!」
局員「ジェットストリームーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
局員「亜高速分解術ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
《カキンッグルグルキュイーンペキッゴリゴリパカッドガガガガボムッ》










機関長<んなにいいいいいいいい!?装甲が引っぺがされたじゃと!?>
班長<ラグライト合金の装甲を剥がすって……分解とかそんな問題じゃないわよ!?>
ナビ子<いやーーーー私丸裸ー!見ないでエッチーーーーー!(ブォンブォンッッ>
局員「なのはちゃんはやてちゃん今でぶおわーーーーー!?(ヒューン」
《キイイイイイイイイイイイイイン―――》
機関長<いかんナビ子!粒子砲最大出力で迎撃じゃ!砲が融解しても構わん!>
なのは「ミッド―――」
はやて「ベルカ―――」
なのは・はやて「「クロスバスターーーーーーーーーーーーーーーー!」」
班長<間に合わない……!スパイラルアームで弾いて!>
《ギュイイイイイイイインゴバアアアアアアアアア―――ピキッバキンッ》
ナビ子<ダメですー!ドリルを構成してるラグライトの含有魔力以上の攻撃ですー!>
班長<何で……!なんで勝てないのよ……!あたしじゃ無理なの……!?>
機関長<人間が直接取り付いて分解じゃと!?こんなバカな手段で――――!>
《ドッ――――ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!》










《ドガシャアアアアアアアアアアアアアアアン!》
はやて「おぉ、即席にしては中々ええ感じやったね」
なのは「うん、上手くいったね!ユーノ君も―――ユーノ君?」
ユーノ「あれ……」
《ギ、ギ、ギギギギギ……ガシャン、ドガアアアアアアアアアン!》
機関長<まだじゃあああああああああああああ!>
局員「ええええええええ!?どんだけしぶといんだよ!あれほんとにメカなのか!?」
局員「ゾンビが乗ってると機体もしぶとくなるんだろうか!」
局員「でももう武装もなんもかんも壊れてスクラップ寸前だな」
機関長<ふん、メカは腕一本でも動けば戦えるわい!それにな!>
班長<あたしは……また……うぐ……えっく……!>
機関長<娘を泣かされて倒れてるような親は!親ではないわあああああああああああ!>
なのは「……!」
はやて「私やっぱ嫌いにはなれへんなーあのじーちゃん」
局員「その心意気受け取った!ならば引導を渡してくれるわ!コーカサスが!」










コーカサス<ソノ機体デハモウ戦闘ハ無理デショウ>
ナビ子<うっさい!機関長は凄いのよ!あたしのお父さんなの!>
機関長<ナビ子……>
はやて「AIもそういう認識になるんや……そっかー生みの親やしなぁ……親かー……」
ナビ子<その機関長に作られた私が!メカが!負けるはずないのよーーーーーーー!>
コーカサス<ワタシモゴ主人様ニ作ラレタ誇リガアリマス!……色々思ウ所ハアリマスガ>
《ドガッ……メキッ……ギュイイイイイイインバガアアアアアアアアアン!》
機関長<ぬううううおおおおおおおおお!>
班長<うぐ………ひっく………>
ナビ子<股間ドリルに負けるなんてーーーーーーーーーーーーー!>
コーカサス<好キデツケテイルワケジャアリマセン!>
《ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!……ガランッ……ガシャン》
なのは「勝った……ね」
ユーノ「うん、あんまり嬉しくはないけど……でも、僕はこれで良かったと思うよ」
はやて「取り合えず今私達にできる事を精一杯やったんやしな」










機関長<ワシのメカが……負けるとは……!>
局員「あんたは一つ忘れてる事がある!」
はやて「そのメカ、何で農耕機?兵器にしちゃ面白過ぎるコンセプトやないかなーって」
なのは「最初は本当に農耕機だったんじゃないかなー……なんて思ったり……」
機関長「…………!」
【機関長「ぶわははははどうじゃ!カイコンダー1~5号機完成じゃ!」】
【アニー「すごーい!パパてんさーい!これで皆喜ぶね!」】
【ナビ子<予算、大幅、おーばー、デス>】
【兄「父ちゃんがまたうちを貧乏にしたぞー」】
【姉「またお金の無い人から依頼受けたのにやり過ぎてるー」】
【母「あなた……またやったわね?なんで合体する必要があるのかしら?」】
【機関長「い、いや待て母さん!メルド家の人間に妥協は許されぎゃあああああ!?」】
局員「メカ好きに悪人無し!あんたは兵器ではなく我が子としてメカを見れる人間だ!」
ユーノ「もう、やめましょう?」
機関長「ふ……ぶわはははは!これは勝てんな!……ワシの、いやワシらの負けじゃ!」










管理局X-FILE seasonⅣ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ツヅク……


コメント
この記事へのコメント
この熱さは今日放映されたグレンラガンのごとしだぜええええ!!
ゴキブリのごとしな局員も根性見せて逃げなかったぜええええ!!

リンDナビの時の奥義が再び現れるとは!というか何気にすごい技ですよねあれ。ガジェット3式くらいなら倒せそうです
あまりのかっこよさに局員たちのセリフが

法律は遵守する、趣味も通す、両方やらなきゃならないってのが局員のつらいところだな
しかしお前ごときに両方やるというのは、そうムズかしいことじゃあないな

なんて言ってるように聞こえました。コーカサスも「おいおい掴んだのはオマエだろうがよ」なんて

クロスバスターははやての蒐集の能力を知ってからずっと見てみたいと思ってた技です
同じ技をWで撃てるんですよね、はやてさんがいれば。封神のW乾坤圏のごとく
2007/07/02(月) 02:25 | URL | 九尾 #.7qyC5XY[ 編集]
カッコイイよ局員!!
局員カッコイイよ!!


そして、思わずヘラ×ナビで書こうと思ったのも私だ。
2007/07/02(月) 02:34 | URL | 通行人 #I4t1ZHtI[ 編集]
文芸部でリアルタイム感想書けなかったのでこちらにて失敬

局員かっけええええええ!
そんで最後の回想とか、あれはヤバい!うわあああ、ああいうの弱いのに……!

通学中に涙腺決壊しかけた(こらえた)のは生まれて初めて。感動をありがとう!
2007/07/02(月) 09:24 | URL | 題無し #vXefid6w[ 編集]
笑って熱血して泣いて、そしてまた笑っての繰り返し。
これがXシリーズの一番好きなところだなぁ。
しかし、カイコンダーがここで終わるとは思えない。
最後の最後でまた何かしてくれるはずだ!
2007/07/02(月) 09:38 | URL | ? #-[ 編集]
なのはとメカの一騎打ちかと思いきや、局員とコーカサスの桧舞台となった今回の戦い。
おもしろく、そして熱かったです。

あとは、隊長サイドがどう展開されるか、期待しております。
2007/07/03(火) 13:43 | URL | Grid Seeker #-[ 編集]
局員スゲェエエエーーーー!!!
今回は色々なネタが出すぎな感じがして尚良い感じですね。
自給三百円ぐらいの煩悩パワー全開の人物を思い出しました。
っていうか普通に局員対機械用戦闘要員として仕えそうじゃないですか。
確かにガジェットぐらいなら倒せそうですよコレ。
そして普段は強気でも、やられて泣いてしまう班長にトキメク。
これ、イケナイ!? そして局員、忘れちゃいけないよゾイドの事も!!
まてよ、機関長に嫁さんがちゃんといる(拾うか貰い子だと思ってた)なら局員もまだ望みはあると言う事では!?

……夢は見れるかよ?


そう言えば昔、ウルトラマンタロウで、生身で怪獣に立ち向かった教師がいたような……格好良い局員に惚れた。
兄貴、いやおやっさんと呼ばせてください!!
2007/07/03(火) 19:44 | URL | 文明 #-[ 編集]
局員のメカ戦に、厚くなりましたー!。
これなら、StSの機動六課でも役にたちそう。
股間に兵器・ドリル 中華一○ですかー。
ミッドチルダっていったい・・・。


笑える、燃(萌)える、感動する。
これがXクオリティー。 スッゲー楽しく読ませていただきましたー。

2007/07/03(火) 22:12 | URL | コンバインOK? #-[ 編集]
『燃える漢のメカ魂が 憎しみの呪縛を打ち砕く!! 決着!!』

ジャンプ巻末コメント風に付けてみました。
2007/07/04(水) 13:41 | URL | コマあき #-[ 編集]
>クロスバスターははやての蒐集の能力を知ってからずっと見てみたいと思ってた技です
蒐集スキルってコピー技を捨てずにストックできるカービィみたいなもんなんでしょうかね

>そして、思わずヘラ×ナビで書こうと思ったのも私だ。
全ては妄想と欲望の赴くままに

>そんで最後の回想とか、あれはヤバい!うわあああ、ああいうの弱いのに……!
フフフあなたとは趣味が合いそうだって通学中!?どんな状況で見るの!?
携帯とかeモバとかでせうか

>笑って熱血して泣いて、そしてまた笑っての繰り返し。
>これがXシリーズの一番好きなところだなぁ。
ありがたいお話ですじゃ
カイコンダーが期待に応えてくれるかどうかはもう少し見ててくださいな

>なのはとメカの一騎打ちかと思いきや、局員とコーカサスの桧舞台となった今回の戦い。
>おもしろく、そして熱かったです。
なのはさんにま別の舞台があるので今は大人しくしてもらいました

>っていうか普通に局員対機械用戦闘要員として仕えそうじゃないですか。
だがしかしテンションに左右される戦闘力なので相手のノリが悪いと戦力にならない

>ミッドチルダっていったい・・・。
私の中のミッドチルダはDえもんの22世紀より何でもありになってます

>『燃える漢のメカ魂が 憎しみの呪縛を打ち砕く!! 決着!!』
*次週は作者逃亡の為、休載させて頂きます
2007/07/06(金) 22:07 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/378-b04e02d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック