file-75「長官の正体」
FC2ブログ

file-75「長官の正体」

ここでは、「file-75「長官の正体」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理局X-FILE seasonⅣ

file-75「長官の正体」










前回の管理局X-FILEは―――


シグナム「だが道を外れている……それでは魔導機兵というのは魔導師の器―――!」
長官「劣勢を覆すために人を捨てさせられた存在、それが魔導機兵だ」

ユーノ「だったら、何故そんな嘘を―――」
船長「そりゃ言いたくねぇし知られたくねぇからに決まってんだろ少年」

長官「さて、邪魔が入ったが―――(ドガアアアアアアアアアン!」
サレイジ兵「長官ーーーーー!?」


管理局X-FILE・■のお留守番コーナー
娘「あーやーとーりー……《シュババババ》トーキョータワー!」
■「……!(パチパチパチ」
娘「でもトーキョータワーってなんだろう?」
■「……?」










魔導機兵の正体、それは戦争に利用された犠牲者の姿だった。
それを知るサレイジ軍長官に詰め寄る"私"達だったがそこへバゼルが現れる。
今、真相が明らかに―――なる間も無く色々と現れてしまった。

サレイジ兵「今度は一体何が―――な、なんだこれは!?」
ユーノ「あれって多分、いや絶対……」
クロノ「しっ!まだこっちの身内だとはバレていない!今ならまだ―――」
長官「ほほぅテロリストの仲間か?中々いい度胸だ、貴様らの作戦目的とIDは!」
局員「趣味、時空管理局アースラ局員!」
なのは「あ、言っちゃった」
局員「そしてこいつはヘラクレス専用強化外装"コーカサス"!」
コーカサス<フンガー>
クロノ「帰れーーーーー!」





管理局X-FILE SeasonⅣ file-75「長官の正体」







なのは「アースラでもヘラクレスの姿がずっと見えないと思ってたら……」
はやて「こんな秘密兵器を用意してたんやなぁ、局員さん達も人が悪いわ」
ヴィータ「もっと早く出せよ!あたしが戦わなくても良かったじゃねーか!」
局員「こだわり抜いたらいつの間にか色々法に触れる存在になってしまったのです!」
局員「怒られるの嫌だからずっと格納庫の隅にしまってたんですが」
局員「まぁこんな状況ならいいんじゃないかなって準備してたり!」
クロノ「よくない!格納庫を占拠していたのはこれだったのか……検めるべきだった!」
局員「ま細かい事は気にせず行けコーカサス!」
コーカサス<ま゛>
《ズズウン………………》
砲兵「動、かない?」
フェイト「どうしたんだろう?」
《ウィーン》
ヘラクレス「あのゴ主人様、コノ機体ニ接続スルト言語ガ正シク発声サレナイノデスガ」
局員「気にするな仕様だ!」










《ゴゴゴゴゴ……》
機関長『中々いい機体じゃな、人でなく機械が機械を動かすというのが面白い』
ナビ子<なーんか嫌~な感じがすると思ったらあのポンコツが乗ってるわけね!>
局員「気を取り直してさぁ行けコーカサス!メタルギアの恐ろしさを見せてやれ!」
局員「お前に何故ロボット三原則が組み込まれていないのか、その意味を教えてやれ!」
コーカサス<ふもーっふ!(ドガガガガガガガガガ>
長官「《ガキキキキキン》馬鹿め、攻撃したな」
クロノ「なんて事を……!手を出したらお前達が―――!」
局員「ヘラクレス達を助けに発電所へ乗り込んだ時に撮った写真です(ピラッ」
シグナム「《パシッ》これは……」
局員「そこにたくさんいる方々と同じ格好の人が写ってるでしょ」
長官「テロリストの行動を妨害するための作戦行動だ、なんの不思議がある」
はやて「発電所を壊したのがサレイジ軍……おかしな話やなぁ」
なのは「最初からバルバスの目的がわかっていたみたいだよね」
長官「ぐ……!」










局員「現場に残った足跡を採取しました。特殊な、恐らく軍仕様のブーツですね」
私「それは是非そこら中にある足跡と照合してみたいな」
クロノ「この短時間でそこまで調べたのか……」
局員「フフフ驚いていただいて構いませんよえぇ褒め称えてください」
ヘラクレス「《ガコン》エイミィサンヤシャマルサンノオカゲデモアリマスガ」
局員「あっバカどうせ後でバレるんだからもう少しヒーローでいさせてくれよ!」
はやて「流石局員さんやオチは忘れてへん」
フェイト「でもこれでハッキリしたね、サレイジは最初からこの遺跡目的だったんだ……!」
シグナム「正確にはこの地に眠るロストロギアを狙って、だな」
ユーノ「無認可の旧文明やそれに類する遺跡の発掘は違法行為ですよね」
私「我々が介入する口実は十分だな」
船長「ダハハハハハこれで盗掘仲間だなえぇオイ中佐ぁ!」
長官「仲間だと……?相変わらず上官に対する口の利き方を知らないな、"バウ少尉"」
フェイト「やっぱり……!」
長官「だが貴様らと同列に扱われるのは心外だな、私は完成された軍人だ……!(バキッ」










長官「お前達のような"不良品"と一緒にしてもらっては困る、私は完全だ……!」
《バキッメキメキメキ……》

長官の体が、いや体表部分がまるでメッキが剥がれる様に落ちていく。
中から出てきたのはまるで機械製の骨格標本の様な、無機質で不気味な姿だった。

フェイト「機械の体……!?」
機関長『魔導機兵計画を立案し自らを実験台に完成させた、あ奴が被験体0号じゃ!』
長官『改めて自己紹介をしておこう、ノルダイ国軍情報部司令官フェンダーミラーだ!』
局員「聞いてもいないのに自己紹介した!」
クロノ「あなたの暴走もこれまでだ!これを知ってサレイジ軍が黙っているはずが――っ!」
《ドオオオン!》
サレイジ兵「それがどうした?」
なのは「何で!?その人は両方の国を騙していたんですよ!?」
長官『フハハハハハそれがどうした!?そんな事は20年前に知れている事だ!』










はやて「どういう事や!?」
船長「まぁそうだろうな、なんせてめぇの故郷を手土産にサレイジに降った下衆野郎だ」
シグナム「やはり祖国を裏切ったのか……!」
長官『降った?違うなあれは取引、ビジネスだ』
機関長『詭弁じゃな、お前がノルダイを消した張本人であることは違いないじゃろうが』
長官『魔導師を魔導兵器の繰手としか見ないくだらん国など滅んで当然だろう』
私「それが理由か……!」
長官『それどころか私の魔導機兵計画にまで難色を示した!私の完全な兵器を!』
砲兵「…………」
長官『私の能力はあんな国に収まる器ではない、それを証明したからこそ今ここにいる!』
船長「エーススパイが二重スパイになってたと……ベタな話じゃねぇか中佐」
長官『貴様らこそ何度死地へ送ってもしぶとく生き残ったな"不良品部隊"』
はやて「白黒ハッキリしてスッキリはしたけどなんや複雑になってきたなぁ」
ユーノ「バルバスもサレイジ軍も時始めの鐘楼を狙っている……」
なのは「だったらどっちも止めるしかないよね!」










シグナム「だとしたら先程までのあの姿は幻術か……?そうは感じられなかったが」
長官『惜しいな。私の変装はまやかしではない、本人そのものになる事だ』
機関長『奴の魔導機兵ボディは人体を構成する材料を吸着し思い通りの姿を形作るんじゃ』
なのは「材料ってまさか……」
長官『色々と試してみたがやはり本人の肉が一番作りやすい(ゴギッカクカクッ』
クロノ「なんて奴だ……!野放しにしていい存在じゃない!(ジャキン」
長官『遅いな(ドオオオオン!』
クロノ「っ!速い!」
なのは「構えから発射まで1秒も無かったね」
長官『フハハハこれが魔導機兵だ!術者からデバイスへの命令伝達のタイムラグなど無い!』
私「成る程、"ただの魔導師"ではなかったようだな」
局員「人とデバイスの一体化も兼ねてるのか……フフフだがそれでどうにかなるかな!?」
なのは「だったら防御優先―――で受け切ってから攻撃するだけ!出来るよね!」
RH<No problem>
ユーノ「まぁ、なのはならむしろやる気が出るよね……やり過ぎないでね?」










管理局X-FILE seasonⅣ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ツヅク……


コメント
この記事へのコメント
確かに完全だ!お約束を忘れないかゆいところに手が届くネタ仕様だ!
まさか魂ネタまで長官の側からふってくれるなんて!局員が空回りで騒ぐだけにならずにすんだ
しかもバルバス側もコーカサスに共感してくれるし。理解者多いな今回
部長はのってくれないからなあ。自分自身死亡フラグなセリフは連呼するくせに

人とデバイスの一体化で真っ先に思い浮かぶのはユニゾンですけど、実際のはやてとリインは下手するとインテリジェンスより遅い気もします
だっていちいち本をめくらないと術出せてませんし。見たところ蒐集した術は本がないと使えないっぽいですよね?
やはりあれですね。H×Hのクロロと同じでレア能力には制約が多い。どう見てもあれが元ネタです
2007/04/18(水) 01:28 | URL | 九尾 #.7qyC5XY[ 編集]
今日の最初からクライマックスっぷりはXあき全開で吹いた。
「死亡フラグ」と「地雷発言」って地味に違いが出てくる気がする。
死を臭わせる言動の死亡フラグと直接自爆的な要素が濃い地雷、
後から効いてくる死亡フラグと違って地雷はその場で自分を追い詰めるしね。
長官の次の地雷に期待する。
2007/04/18(水) 01:58 | URL | 文芸部員 #1SLQJoII[ 編集]
>部長はのってくれないからなあ。自分自身死亡フラグなセリフは連呼するくせに
孤高の死亡フラグ

>見たところ蒐集した術は本がないと使えないっぽいですよね?
そうなんですかね
私的にはパラパラなってるのは単なるエフェクトかと思ってました

>H×Hのクロロと同じでレア能力には制約が多い。どう見てもあれが元ネタです
もう全っ然覚えてNEEEEEEEEEEE!

>死を臭わせる言動の死亡フラグと直接自爆的な要素が濃い地雷
部長は舌戦そこそこ強いけど長官は墓穴掘ります
死亡フラグはその場で効力を発揮する物も多いけどあの蟲は何なんですかね

>長官の次の地雷に期待する。
追い詰められた!
2007/04/18(水) 21:21 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
書き遅れました……orz 本当にノッケから局員節全快で最後まで笑いまくりです。やはり仮面ライダー魂は最高の燃え漫画ですよね、ライダーや滝のセリフは何時も痺れるばかりですし。

ヘラクレスのパワーユニットに部長臭全快な長官や、やるジャンキーモードのなのはなど盛り上がりが止まりません~~orz

ユニゾンデバイスはインテリジェンス以上にデバイスとの信頼関係と連帯度が必要っぽいですからね。それに加えてはやてには夜天の書(or蒼天の書)がある分にみたいに手数が豊富な分、検索魔法とそれを使いこなす戦闘眼が鍵にも……ですかね。長官が目を付けたのはタイムラグのない。突き詰めれば不完全要素を排除した安定した兵器と不完全要素による爆発による兵器はどちらが使えるのかという話にもなりますからね。(黒月と白月みたく)

まあ純粋なユニゾンデバイスの使い手については文芸部ならF&Bあきの見事なバトル考察で何とかしてくれるでしょう! 私にはまったく無理です。
2007/04/19(木) 01:36 | URL | 万華人 #/S1.6Ous[ 編集]
>突き詰めれば不完全要素を排除した安定した兵器と不完全要素による爆発による兵器はどちらが使えるのかという話にもなりますからね
ユニゾンは事故率高いとか聞いたんでじゃあ自分をデバイスにしちまえよという乱暴な思いつき!
2007/04/21(土) 01:49 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/334-d0e666b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。