file-73「大人の事情ブレイカー」
FC2ブログ

file-73「大人の事情ブレイカー」

ここでは、「file-73「大人の事情ブレイカー」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理局X-FILE seasonⅣ

file-73「大人の事情ブレイカー」









前回の管理局X-FILEは―――

リンディ「無茶な相手を追いかけるんだから、こっちも無茶するぐらいで丁度いいのよ♪」
クロノ「上が止めないんだもんなぁ……」

軍曹「上……か?近づいて来ている……!」
船長「おいおいおいおいおいちょっと待てまさか――――――」

なのは「あ、あの……」
サレイジ兵「下がってください、現時刻を以ってこのエリアは作戦区域となります」

管理局X-FILE・■になんかあげるコーナー「つオジギ草②」
ヘラクレス「焼却処分シマシタ(ゴオオオオオーーーパチパチッ……」
局員「どこから紛れ込んだんだあんなの……」
局員「気を取り直して今度こそ本物を!」
アルフ「んーまずい(モッシャモッシャ」
局員「何で食べるんですか!」










バルバスの最終目標、古代マグレス文明の地下遺跡へ到達した"私"達。
だがそこへ突然現れるサレイジ軍、体面通りとは思えない彼らの真意は何なのか。
そしてこの事態を監視する影が―――

《ガコン》
長官「これが時始めの鐘楼か……」
私「……ご存知なんですか」
長官「古代マグレス文明の遺産だ、そして20年前にノルダイを滅ぼした兵器でもある」
ユーノ「え!?これが……!?」
なのは「星を消し去った兵器……!」

鏡面「こコまでハ……お前ノ筋書き通リダな……」
部長「クククククさぁ踊ってくれたまえ諸君!」





管理局X-FILE SeasonⅣ file-73「大人の事情ブレイカー」








長官「我々とノルダイはラグライト採掘権の拗れから長年にわたる戦争を始めた、表向きは」
フェイト「本当の理由はこの遺跡……?」
シグナム「惑星を消し去る程の力、互いにそれを恐れて疑心暗鬼になったのか……」
ユーノ「待って下さい!じゃあ20年前にノルダイが消えたのって―――!」
長官「この遺跡、時始めの鐘楼の力だ」
私「な……!それではあなた方が!?」
長官「それは違う。戦時中ここはどちらの勢力圏だったと思う?」
ユーノ「確かさっきの施設で見た時はこの辺りもノルダイの勢力圏だった……え?」
長官「互いに伝承でその存在を知りつつもマグレスのどこにあるのかは分からなかった」
なのは「先に見つけたのはノルダイだった……じゃあどうしてノルダイが消えたの!?」
長官「簡単な話だ、ノルダイは時始めの鐘楼を発動させサレイジを消そうとした」
私「それに失敗して……ノルダイは消えたのか……」
長官「双方使われることを恐れていたのであって使う気は無かった、そう思っていたがな」
ユーノ「この遺跡が……古代兵器だった……?」










なのは「バゼルさん達はこの事を知っていたんですか!?」
船長「知ってるも何もここ掘り当てたのは俺達だっつーの」
ユーノ「ここを発掘したのがバルバスって……どういう事!?」
軍曹「簡単な話だ、俺達が元々ノルダイ国軍の一部隊だったからだ」
はやて「さっきの施設でもパスワードやらいじくっとったしまぁ納得やな」
フェイト「でもエイミィが調べた時もノルダイ軍の制服とは一致しなかったよね」
シグナム「所属を特定させないため……特殊部隊の類か」
伍長「まぁそう言うと聞こえはいいけどな、要は汚れ仕事専門の使い捨て部隊ってとこだ」
船長「ダハハハハハまぁ厄介者や不良軍人の寄せ集めだからな」
軍曹「ノルダイ国軍第731独立実験部隊、通称VALVAS小隊というのが俺達の元の名だ」
班長『ま、ほとんどモルモット隊とか特攻予備軍とか言われてたけどねぇ』
私「ノルダイ軍の残存兵……ならお前達がここを狙う理由は―――」
長官「祖国の次は我々を消し去ろうと言うのか?そんな事は断じてさせんがな」
なのは「そんな事をする人達だとは思えないけど……」










船長「"俺達が"ねぇ……つーかさっきから偉そうなおたくは誰よ」
長官「"はじめまして"盗掘団諸君、私はサレイジ国防軍長官ラルズだ」
砲兵「……?どこかで、会った?」
長官「お前達など知らんな。もう逃げ場は無い、大人しく投降しろ」
船長「アホが、わざわざ身の上話までしたのは何の為だと思ってんだ」
はやて「このパターンは!」
私「皆下がれ!」
《バババババババババン!―――パラッガラガラッゴゴゴゴゴ……》
ユーノ「洞窟の天井を発破した!?そんな事したら洞窟事態が崩落して―――!」
船長「ダハハハハ安心しろここは俺達の庭だぜ、ちょっと仕切り作るだけだ!」
シグナム「部分的に崩すつもりか……!落ちれば遺跡への道が断たれるか」
長官「くっ!奴らを逃がすな!射殺しても構わん!」
なのは「そんなっ!」
長官「ここからは我々の仕事です、管理局の方々は余計な手出しをしないで頂こう」
私「…………」










《ゴガアアアアァァァァァン!―――パラパラパラ……》
ザフィーラ「完全に塞がれたな、これでは下手に崩すと洞窟自体が潰れる可能性もある」
ユーノ「バルバスとサレイジ軍は向こう側……ですね」
はやて「隊長さん!なんで黙って言う事聞いたんです!?そら向こうの理屈も―――」
私「私はサレイジ軍に理があるとは言ったが彼らの言葉に肯定の返事はしていないぞ?」
なのは「え……?どういう事ですか?」
私「あぁいった場合下手に反発すれば後々必ず不利な事態を招く、それは避けるべきだ」
フェイト「じゃあ隊長さんは本当は……?」
私「無論ここで終わるつもりはないさ、方法はいくらでもある。昔散々―――散々……」
なのは「えーと、どうしちゃったんだろ……?」
ユーノ「あ、あんまり触れない方が良さそうだね」
はやて「人生の重みが滲み出とるなぁ」
私「いや、まだ重みが出るほど生きてはいないつもりなんだが……」
シグナム「とにかくここにいても何も出来ません、アースラへ戻りましょう」
私「そうだな、上のサレイジ艦にも我々が"従った"所を見せておかないとな」










局員「あ、皆さんお帰りなさ―――ヒィッ!?」
■「……!《テッテッテッテ》……!?(ビクッ」
私「……………………」
娘「うわ、たいちょーすっごい怒ってる……」
リンディ「あら、ふふふ随分ご機嫌斜めね?」
私「えぇ、あと少しあの場が続いていたら手が出ていました(グッ」
はやて「内心そこまで行ってたんや……」
私「それでリンディ提督、どうせ話は聞いていたんでしょう」
リンディ「えぇ、今ちょっと面白い事が分かったわ」
私「何かしている頃だと思っていました、聞かせてください」
クロノ「艦長の性格を読んだ上で動ける人がいたなんて……」
局員「性格は真面目だけど根本的には艦長寄りの人間ですよね」
局員「相手によっては言葉より先に手が出る体育会系ですし、主に俺達とか」

今何かショックな言葉が聞こえた。










なのは「それで、面白いことって何ですか?」
エイミィ「個人的には面白いというより不可解なんだけど……はい(ピッ」
《ヴォン》
青爬虫類『ギー、ギゲギャー?ギー(あー、これで聞こえてるのか?どーぞー』
局員「感度良好だぜブラザー!どーぞー」
黄爬虫類『ギャゲギョガギー(思った通り風が吹き抜けてる穴がいくつかあったぜどーぞー』
局員「やっぱり自然洞穴も坑道に繋がってるみたいです」
私「待て待て待て待て何故彼らが通信機を使っているんだ!」
リンディ「試しに教えてみたら飲み込みが早くてすぐ覚えてくれちゃったのよ」
局員「爬虫類だってやればできるんですよ!種族に優劣なんて無いんです!」
ユーノ「でも坑道に繋がっていても遺跡に辿り着けるかどうかは……」
エイミィ「ユーノ君達が手に入れたデータを見ると遺跡は地下広範囲に広がってるみたい」
はやて「問題はサレイジの連中に見つからんように洞窟まで行けるかやけど……」
局員「フフフこれを使ってください、被れば科学的にも魔法的にもインビジブルな―――」
私「何故ダンボールなんだ……」










管理局X-FILE seasonⅣ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ツヅク……


コメント
この記事へのコメント
おまけコーナーで魔界のおじぎ草がいたりブラザーたちが通信機使えたりと魑魅魍魎が闊歩していますな
船長たちも死んがあとのやつらが死ぬ前の状態を繰り返している以上、下手すると銃弾に撃たれたって死なないような
吸血植物やら虫人間やらがかわいく見える面子です。「まともな人間」の長官たち、絶対このあとついていけなくなるだろうからかわいそー
そしてはやてと同タイミングでバルバスの行動を読んだりリンディさんとも息が合ったりと、隊長は間違いなく魑魅魍魎の側です
線引きしたら「こっち側」ってやつです。オイデ~オイデ~
2007/04/09(月) 20:55 | URL | 九尾 #.7qyC5XY[ 編集]
えっ、隊長がとっくの昔に色物でしょう。(それこそ聖杯でも叶う事のない願いなくらいに)

部長の書いたシナリオとは一体?果たして長官はどんな散り方をしちゃうのか?シグナムと大鎌蟲とのリベンジはあるのか?ワクワクが止まりませんね。あとインビシブルダンボール再びですか……何が来るかわからないのがX-FILEクオリティですね。

あと前回のキャストに吹いたのはシノブもそうですが、サスケ共の声優がそのまま局員sの脳内CVとなり、関智一、小野大輔、川田紳司と無駄に豪華に固定されたから。
2007/04/10(火) 22:58 | URL | 万華人 #/S1.6Ous[ 編集]
>「まともな人間」の長官たち、絶対このあとついていけなくなるだろうからかわいそー
ニヤリ

>線引きしたら「こっち側」ってやつです
それでも彼or彼女は最後まで理性を保とうと戦い続ける……胃痛と……!

>部長の書いたシナリオとは一体?
多分金田一少年の事件簿みたいなシナリオですよ

>……何が来るかわからないのがX-FILEクオリティですね。
突然わけの分からない物が出てきたらそれは私が突然思いついたからです

>関智一、小野大輔、川田紳司と無駄に豪華に固定されたから。
サスケと他2名はキャスト固定だけど実はそれ以外の忍者でボロボロ桐井とかも出てるんだぜ
2007/04/12(木) 18:45 | URL | X #1SLQJoII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyokuin.blog57.fc2.com/tb.php/329-34915bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。