局員の溜まり場
FC2ブログ






ヘラクレス「ツマリ極メテでばいすニ近イ物デアルト言エマス」
なのは「そんな……こんな物が大量に作られたら!」


娘「お泊り!お泊りなのね!?がいはくね!きゃーおとなー!(ナデナデナデ」
■「……!?……~!(ジタバタ」


ユーノ「V・A・L・V・A・S……?」
フェイト「バルバス……でいいのかな?どんな意味があるんだろう……」


エイミィ「救難信号です!管理指定遺跡が襲撃されています!」
リンディ「進路を変更して!現場に急行します!」


ヴィータ「?、じゃあそいつらの仕業なんじゃねぇのか?」
ユーノ「でも……そんなはずはないんだ、だったらいるはずがないんだよこの犯人は!」


私「ダメだ!間合いに入るな!そいつは―――魔導師だ!」
シグナム「っ!?」


クロノ「だとしたらまさか連中は……!?」
リンディ「とても信じられないけど……事実でしょうね」


局員「フハハハハ見せてやるぜ!俺達の新必殺技!」
局員「オ、オウ!(聞いてねEEEEー!これ絶対見切り発車だ……!)」
局員「行くぜ!(オイオイ俺ノープランだよ!どうすんだよこの後……!)」


私「そうか……ならば私の手で送り返すまでだ!」
Silver Shot<result is the same!>


管理局X-FILE SeasonⅣ coming soon
スポンサーサイト



・今日のとらヴィ
ガ、ガチンコや!面と向かって告白大会や!Σ
なんだかわからないからお前じゃーと素直に答えちゃうヴィータとそれによって地雷を踏んだユーノ。
たまらんではないくわ!

だがしかしまだ心の予防線の警戒態勢は解けない。
こんな時だからこそ油断は出来ないのだ!(ガタガタガタ

・今日の臨時平常神
ぐわああああ目が!目がああああああ!
……アニメのポケモン終わるんだよなぁ。と何故か思い出す。