局員の溜まり場映画

映画

ここでは、「映画」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アポロ18と同日に見てきましたマンイーター。

rogue


サメに次いで人食い映画で活躍する生物「ワニ」が主役です。
いいですよねワニ、「恐竜?あぁ同級生だけど」とか言える数少ない地球の古株生物。
本作では7.2メートルのイリエワニが侵入者である人間どもから必死に縄張りを守ろうとする美しい姿が描かれます。
嘘は言ってない!

以下ネタバレ
[マンイーター]の続きを読む
スポンサーサイト
20110419-01

予告編見て即見る事を決意した「アポロ18」

人類が40年間、月に行かなくなった本当の理由とは?
NASAが隠し続けた最後のアポロ計画


この胡散臭過ぎるあおりとかもうたまらんです。
映画の形式は食人族、ブレア・ウィッチ・プロジェクト、クローバー・フィールド、パラノーマル・アクティビティ、REC、フォースカインドあたりのドキュメンタリーっぽい体裁のフィクション、
いわゆるモキュメンタリーの一種になるのかな。
東京ではわずか2館のみ上映でプログラムは存在せず350円のプレスのみという小規模さもまた素敵。
原題もズバリ「Apollo 18」
何もかもが期待を高めてくれる、そんなわけで見てきました

以下ネタバレ レビュー
[アポロ18]の続きを読む
20120321-01

ようやく休みが・・・と思った頃には上映終了という絶望を何度となく経験してきたので見れる時に見るべし!

角川シネマ新宿が水曜1000円だったので昼頃にストライクウィッチーズをつかもとさんと4周目になる臨時さんと見てアニメイト、ゲマズ、クラブセガと回って3枚の生写真?を入手。
その後川崎で夕方から若林さんと榊さんが合流してプリキュアという強行軍であった・・・

「プリキュア、一般大人5枚で」って言った瞬間の窓口のお姉さんの顔はメモリアル。

以下壮絶にネタバレ


[OPでプリキュアを語る声がどう聞いても何かの長老]の続きを読む
20110803


トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (ハヤカワ文庫SF)

ピーター デイヴィッド (著), Peter David (原著), 中原 尚哉 (翻訳)




映画本編を見たので小説版ダークサイドムーンも読んでみましたよ。

一部キャラの名称が変わってたり展開そのものが変わってたりと相違点も色々。

ネタバレ全開で以下

[映画とは違う500ページ]の続きを読む
最後だけあって幹部格が勢揃いなディセップ陣営でした。

以下もちろんネタバレ
[トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ディセプティコン編]の続きを読む
前夜祭上映を吹き替え・3Dで見てきました。

以下壮絶にネタバレ
[トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン オートボット編]の続きを読む
詳細な内容を伏せて製作されていたので異星人が絡む少年たちのストーリーとしかわかりませんでした。

とか言うとE.T.みたいですが製作にはそのスピルバーグも噛んでて監督・脚本はLOSTやクローバーフィールド/HAKAISHAのJ・J・エイブラムス、
TFダークサイドムーンも7月末に控えてるしスピルバーグさん相変わらずあっちこっちで名前出るなぁ。

ビッグネーム同士が組んだ作品として注目されていたけれども、
名前とか関係なく劇場予告で横転した列車のコンテナを内部から何かがドンドン叩いてぶっ壊して出てくるシーンだけ流れてそれだけ見ていつ公開するねんと悶絶してましたよ私は!そんな映画、スーパー8!

以下壮絶なネタバレ
[SUPER 8/スーパーエイト]の続きを読む
3D映画2本連続バトル其の壱

・タイタンの戦い
特撮の神様ハリーハウゼン先生が現役最後に撮った作品のリメイク。
オリジナル版は昔テレビかなんかで見たのが最初でその後700円弱の廉価リリース版DVDを購入して手元に置いてます。

雑誌でオリジナル版のリメイクという記事を読むまでハリーハウゼン版と結びつかなかったなぁ。
しかし今やCGで怪物もSFもなんでも有りなご時世、巨匠の人形特撮をバリバリのCGでリメイクしてもなんか味気ないんじゃ・・・とネガティブだったんですが。
第9地区観た時に予告編やっててそこで見た巨大サソリがカッコ良すぎて「よし、観に行こう!」と決意しました。
アバターの主役がーとかヴォルデモートが出てるーとかは関係無い、ギリシャ神話にも全然詳しくない、ただサソリが見たくてこの映画を観たんだ・・・!


以下ネタバレ
[サム・ワーシントンが次はどんな人外ヒロインとくっつくのか気になる]の続きを読む
日本のSF民族またはB級民族が正座して公開を待ったDistrict 9、「第9地区」を見てきたヨ!
ガンバライドのハイパーEXステージをクリアして喜ぶ大人
TF的なナニかのパーツ白化に怯える大人を部屋中TF玩具で溢れかえった家で生きる大人が洗脳して連れて行きました。

さて以前書いたように一部の人が待ちに待った日本公開なわけですが、
私もそんな一部の人間に含まれるので日本公開が待ちきれなくて海の向こうのDVDを買っちゃいそうな勢いを抑えて待ってました。

ところで映画館へよく行く人にはビデオカメラゲルゲでお馴染みのNO MORE 映画泥棒の館内CM、
あのデケデケデケデケ♪という作曲した奴は人間の不快感を煽る天才だな!と殺意を込めて賞賛したくなるBGMとやたらクネクネ動くスーツ姿でビデカメ頭の怪人のアレです。
結構昔から使われてるのであんまり映画見なくても見れば思い出す人もいるんじゃないでしょうか。
先週ハルヒとシャーロックをはしごした時はまだこのCMだったんですが今回、

新バージョンに変わってました。
ヒロイン&ヒーローを加えての新シリーズだと……!?まさかのテコ入れ……!
なんか口をポカーンて開けてるオネーチャンと著作権の味方、パトランプゲルゲが登場します。
もちろんコスプレするファン居るほど大人気ビデオカメラゲルゲも続投です。
BGMは大分マイルドになりましたがあのクネクネヌルヌルした動きは健在です。中の人は同じなんだろうか……

と映画が始まる前から関係ないところでテンションが上がった!
アドレナリン全開で見たネタバレ込みの感想は以下
[今年のアカデミー助演男優賞はクリストファー・ジョンソンでいんじゃね!?]の続きを読む
どうも、急性胃腸炎で半日入院してきました日本人のX、つまりX-JAPAN、いやJapanimationです。

いや先週の話なんですけどね、朝6時頃に強烈なゴロピー感と共に目覚めまして、
状況は把握出来ないもののこりゃヤベェ!ジャーンジャーン!げぇっ!関羽!!!って心境でトイレに駆け込んで2時間くらい出れませんでした。
トイレの中から上司に「ワレ ハラグアイヤバシ シュッキンオクレルトオモワレ」と救難信号を発信して病院へ……
行く時もお腹を刺激しないように内股気味で歩いて行きまして、えぇ。
そのまま半日点滴打ったまま病院のベッドに転がってました。

ウィルス性だったそうだが何だ…当たるようなモン食った記憶無いぞ……!
別次元方向からの可能性として前日に「涼宮ハルヒの消失」とガイ・リッチーの「シャーロック・ホームズ」をはしごしたのがマズかったという説を唱える学者もいるみたいですね。
皆も毛色の違いすぎる映画を連続で見る時は注意してね!


以下ネタバレるかも
[待て あわてるな これはホームズの罠だ]の続きを読む